風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 11 月 (4)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事内検索

2013/07/26(Fri) 10:01:03

7月26日
HEADLINEにも書きましたが、本日発売です!!!
「小林が可愛すぎてツライ!! −秘密のWデート!?−」
原作&絵:池山田剛先生 小学館FCルルルnovels ¥650(税込)

こちらがこの書籍の出版社公式ご紹介ページです

あらすじのとおりですが、実のところ、本多千沙たち以外にも、鈴木輝とサヤカ(あえてこっちで表記)もちらっと出てきますので、よろしくなのです!

私が購入した同時発売原作3巻アニメつき特装版(アニメは2巻の内容みたいです)が、まだ届かない……昨日の時点で発送済みになったんだけどなあ、オンライン書店の表示は。
早く拝見したいです!!! 
(ほぼすべての原作有りお仕事に言えるのですが、私がいただけるのは、原作の内容を知るのに必要な最低限のものだけなので、通常版コミックスなのです。コミックスもゲームも特装版は自腹購入です。9月の「ちはやふる22巻アニメつき特装版」も予約済みです・笑)

 

2013/07/24(Wed) 19:56:09

7月24日
「小林が可愛すぎてツライっ!! −秘密のWデート!?−」見本が届きました!
カラー口絵もついてます! 描き下ろしイラストもあります!
26日発売ですので、よろしくお願い申しあげます!!

 

2013/07/22(Mon) 19:25:12

7月22日
「怪談オウマガドキ学園」の第一巻第一話が、インターネットで試し読みできるようになりました。
http://www.doshinsha.co.jp/longsaler/oumagadokigakuen/tameshiyomi.html
この第一巻第一話は、時海の書いたお話です! なんと全文読めちゃいます。
高校の頃、友達から聞いた話と、幼い頃祖母から聞いた話を、アレンジしたものですが、わりとオーソドックスというか、よくあるお話です。

第三・四・五巻は秋の発売です。私もこの三つの巻に一つずつお話を書かせていただいてます。

いただいた本のご紹介
「戦国姫 風の巻」
(著:藤咲あゆな先生 絵:マルイノ先生 集英社みらい文庫より発売中)
みらい文庫編集部より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
戦国姫シリーズ第3巻です。今回は、「好きです鈴木くん!!」にも登場した、戦うお姫様「大三島の鶴姫」が登場してますよ。
藤咲先生、ばりぃさんでおなじみ愛媛県今治市にある大三島まで取材に行かれたそうですね。う、うらやましい……あそこには、源平合戦時代の源氏、平氏両方の武将が奉納した国宝の鎧がいっぱい展示されてるんですよ…拝観したいなあ。鶴姫の鎧も観たいけど。

 

2013/07/21(Sun) 11:08:15

7月21日
昨日発売になった「Sho-Comi」16号の、「こばかわ」の扉見開きで、コミックス最新刊と並んでノベライズも宣伝していただきました。みつる(男子ver.)がノベライズを手に持ってポーズとってます!!!

ええもう、それ見た瞬間、藤村歩さんの「ちび夏目で代用する少年ボイス」で「読んでくれよなっ」と音声脳内再生できました(笑)
限定版の特典アニメ、みつるとめごは藤村さんの一人二役です。ああ、なるほど、それなら入れ替わっても違和感がない、と感心しました。
とはいえ、私も一読者として、購入したOAD届くの待ってるんですが。で、待ちきれずにめごの声を脳内再生しようとしたら、ストライカー(翠星のガルガンティアに出てくる憎たらしいメカ)の機械音声が、最新データとして上書きされていたため、「あれ? 可愛い女子ボイスはどれだ」としばらく脳内を探し回ることに(笑)

あ、もちろん、小野Dさまの蒼くんはばっちり再生できるんですけどねw

 

2013/07/19(Fri) 23:16:06

7月19日
公式発表でましたので。
9月13日発売予定 「小説ちはやふる中学生編3」
原作&絵:末次由紀先生 講談社KCDX。1・2巻と同じです。
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/release_schedule_comic.jsp#girls
画面の一番下にあります。

今回は京都編です。しのぶちゃんです。孤高の天才しのぶちゃんに、影響を与えた「友人」とは?
太一のその後……元カノ交際前編も載ってます。前編……って??

 

2013/07/17(Wed) 09:27:12

7月17日
26日発売「小林が可愛すぎてツライっ!! −秘密のWデート!?−」のカバーイラストとあらすじが昨日のルルル文庫公式ブログで公開になっています。
「好きです鈴木くん!!」高3編以降のキャラで、小説版には出してあげられなかったあの二人が、メインゲストになっているお話です。それは誰なのか、あらすじをごらんくださいv
めごがゆく聖地巡礼といえば、もちろん戦国時代のお城です!

 

2013/07/11(Thu) 18:33:58

7月11日
ルルル文庫公式ブログで、担当トモねえさまが、「小林が可愛すぎてツライっ!! -秘密のWデート!?-」のカバー校正紙がちらっと公開しております!

とっても可愛いですね。池山田先生、本当にありがとうございました。
そして、原作をご存じないみなさま。ピンクの髪の女子は女装男子です。
7/26発売予定です。詳しい内容は下の日記に譲ります、よろしくなのです。

 

2013/07/09(Tue) 21:25:26

7月9日
担当トモねえさまのルルル文庫公式ブログで、「小林が可愛いすぎてツライッ!!――秘密のWデート!?」の投げ込みチラシの画像がチラ見せされております!!

他の先生がお書きのジュニア文庫版との違い(時間的にはほぼ同じあたり=入れ替わり期間のうちなので、重ならないようにする工夫が必要になり、時海筆は学校を離れた休日編にしました。一週間の内、どこかに休日があるはずだと、よく読んだら、4日目が空いているんですね)は、「好きです鈴木くん!!」とつながった世界であること(原作にも一コマ二コマ鈴木くんキャラが出ているので、ファンのかたは「同じ世界」だというのはご存じかと思いますが)。

そう、輝も爽歌も、ちらっと出演。これが最大の売りです、時海ならではの。

そして、鈴木くん小説版では話の流れにうまく載せられず、出してあげられなかったあの二人が、メインゲストとなるのです!(池山田先生のナイスなリクエストです!!)

おかげさまで、「鈴木くん」は小説版も大変な人気となりました。皆様の応援に心から感謝いたします。どうもありがとうございます。
小林双子もごひいきのほど、よろしくお願いもうしあげます。ぺこり。

 

2013/07/08(Mon) 21:52:26

7月8日
夏空が広がり、暑くなりました。冷え性の私としては苦手な冷房との戦いの始まりです……。図書館で一番涼しくない席を探してうろうろ。

冬だって暖房と屋外の温度差はでかいじゃないか、冬よりよほど、と思うんですが、肌が露出しているせいか、ダメなんですよ……。それに温かい方にいる時間が長いでしょ? 夏は涼しい方の時間が長い。

扇風機しかない自宅の方が冷えなくていいのですが、家だとどうも仕事にならないし。
スーパーも温度差のなるべく少ない開店直後とか夕方に行く。ショールもって。

夏は仕事したくないんですけどね、この夏はそうも言っていられないので、夏休みは完全にないです。次の原稿書いてます。

 

2013/07/04(Thu) 19:32:50

7月4日
打ち合わせで東京へ行ってました。いろいろと新しいお仕事のお話をまとめてきました。春発売予定のお仕事です。書くのは今年の終わりの方。

今年も七夕の短冊に「商売繁盛」と書いて、笹竹につるしたのですが、よく考えたらおかげさまで、現在、人生最大のかき入れ時、これ以上ないほど繁盛してます。ありがとうございます。
これは「体力増強健康増進」とか書くべきだったのかしら。


いただいた本のご紹介。
「漫画家嫁さんとラノベ家夫くん」
(作:ゆづか正成先生 PHP研究所より発売中 コミックス単行本)
ゆづか先生より頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございます。
漫画家のゆづか先生と、ラノベ作家のだんなさまの、日常エッセイコミックです。

というか、私はこのご夫婦そろっての友人ですし、登場しているラノベ作家さんは全員誰のことか判ってしまう状態でしてw そもそも私らしき登場人物の後ろ姿も、1コマだけある(どれかは秘密・笑)
業界の裏話がわかる! というエッセイコミックのはずですが、正直全編ラブラブのろけられておなかいっぱいですごちそーさま(笑)

 

2013/07/01(Mon) 18:19:55

7月1日
「小林が可愛い過ぎてツライっ!! ―秘密のWデート!?―」は、7/26発売です。お値段は「鈴木くん」三部作から変わらず¥650です。

池山田剛先生原作「鈴木くん」と同じ世界のお話でして、原作漫画にもちらっと「鈴木くん」キャラが出てきますが、それがはっきりとわかるのがこの小説版の役目です。「鈴木くん」脇キャラのあの二人が小林兄妹や真田先輩と――。

イラストがばっちり「ここで絵が見たい」位置に入っていまして、ただいま描いていただいてます、お楽しみに!


本日発売の「怪談オウマガドキ学園」シリーズもよろしくお願いもうしあげます。秋には3・4・5巻が出ます。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania