風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 11 月 (4)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事内検索

2012/08/30(Thu) 09:57:01

8月30日
11月1日が古典の日に決まったようですね。国会で。読売新聞の記事です。

子ども読書の日というのが、以前国会で決まりましたけど、そんなに盛り上がってるようには(私には)見えないし、同じようなかんじになるんでしょうか……。

決めるだけってか決めたらお役ご免で、あとは地方自治体家庭任せって……決めたえらい人の責任で、もうすこし国から何かできないものでしょうかねえ。
その日は公立の博物館の入館料は全部タダにして(翌々日の祝日=文化の日でもいい)、私立の博物館にも補助金出して協力求めるとか。その分の費用はもちろん無駄の削減、税金は値上げしない。話題の文楽の招待チケットも配るとかですね。

ともかく「古典はおもしろいんだ」ということを、国民に具体的に知ってもらわねば、始まらないと。


いただいた本のご紹介
「竜巻少女(トルネードガール)3 あのマウンドにもう一度!!」
(著:風野潮先生 画:たかみね駆先生 講談社青い鳥文庫より発売中)
風野先生より頂戴いたしました。本当にどうもありがとうございます。シリーズ完結です。
監督の正体にびっくりしました! ステキなエンディングだと思います。

 

2012/08/26(Sun) 17:06:42

8月26日
どんどん原稿書かないと……資料も調べないと……もう、来年の春に出る本の仕事の準備に入ってます。

去年、テレビのニュースで偶然見て、目を輝かせて本を買う子どもたちに感動しました。
沖縄の南大東島。那覇市から出張本屋さんが来てくれる年2回しか、本が買えなかった村です。今はオンライン書店さんで頼めば、時間はかかっても届くんでしょうけれど。

それでも、実際に手にとって選ぶのは、いいものですよね! 本が好きな皆様、そう思いませんか?

朝日新聞ウェブサイトより今年の写真
ピントが合っている一番奥のお嬢さんが読んでいるの、色使いから「好きで鈴木くん!!」のコミックスですね。
カバー裏のキャラたちが横長位置で、背ぎりぎりに赤い色があること、カバー表の左上の色が輝の髪らしいことから、3巻だと思います。

もしかしたら、小説版もご一緒させていただいて、並んでいたのかな……だといいな。
だって沖縄ですよ、私は、そんな遠くに行ったことがないのに。(某○秋先輩に負けないくらい、飛行機(高所恐怖症)と船(泳げない・すぐ酔う)が大嫌い)
自分の本が日本全国、海外まで行って、全然知らない人が読んでくれてるんです、感動です!

ちなみに、本は「重くて腐らない」ものなので、海を隔てたところへは船便で運ばれるんだそうです。沖縄には貨客フェリーらしいですね。

 

2012/08/23(Thu) 08:52:40

8月23日
HEADLINEにも書きましたけど。

小学館の公式発売予定リストに載ってましたので……こちらのどこかです。

「好きです鈴木くん!! episode3 −カーテンコール−」
9月26日発売予定 ¥650(税込:今までと同じ値段です)
原作&絵:池山田剛先生

2年ぶり、3巻めの、そして最後の「鈴木くん」です。
原作完結記念緊急出版! 原作最終巻と同時発売、最終巻後半をフォローする周辺エピソードの短編集です。
キャラたちはなんと大学生になっていますよ……時の経つのは速いですね。

皆様の応援により、小説版「鈴木くん」はたくさん売れました、本当にどうもありがとうございました。なお、3巻発売に合わせ、1・2巻も増刷されて、一緒に書店に並びますので、お友達にもぜひお勧めくださいませVv

 

2012/08/17(Fri) 18:02:05

8月17日
「ちはやふる中学生編」一巻のイラストが、コミックナタリーさんで公開になってましたけど、あれ以外のイラストiは、小説版オリジナルキャラが含まれます。
そして、すべてのイラストが見開きになるはずです。
普通、イラストは片側ページですので、すごい迫力です!!  

末次先生のレアな「中学生千早・太一」描き下ろしイラスト複数に、描き下ろしカラーイラストのカバーがあって、そこに駄文が200ページあまりついています(汗)が、駄文でもよろしければ、どうぞごひいきに。

……問題は、二巻の発売日が、ばっちり帯や本に入っていることで……発売日までには、絶対、原稿を書き上げないと(プレッシャー)。がんばります!!

 

2012/08/16(Thu) 21:43:20

8月16日
どうにか一区切りがついて、2,3日休めました。資料読んだりもしましたけど。気分転換に、体を使うボランティアしてました。

しかし明日からまたがんばって働かないと。

早くも、来年に出る小学生向けの本の執筆依頼が複数入り始めてます。そちらも準備してゆかないとならないし。


いただいた本のご紹介
「秘密の動物園事件 お嬢様探偵ありすと少年執事ゆきとの事件簿」
(作:藤野恵美先生 画:HACCAN先生 講談社青い鳥文庫より発売中)
シリーズ4巻め、担当ぽにゃらTさま経由で、藤野先生より頂戴いたしました。
お父上がいいかんじです。なぞめいていて怪しすぎます。いよいよゆきとの過去のナゾの確信にも近づいてきました。
ところで、ペンギンは臭いです。魚市場の裏で、真夏に、血合いの入ったトロ箱を日向に放置したようなにおいです。そして、「ジュラシックパーク」の映画でやたら足が速い小型の恐竜みたいな甲高い声で鳴きます。どう聞いてもあれは恐竜です。

そうそう、私も青い鳥メルマガで知ったんですが、朝日新聞の8月12日の朝刊に、青い鳥文庫の一面カラー広告(ページ1ページまるまる使ったフルカラーの広告)が載って、そこで「平家」「竹取」をご紹介(というか宣伝)いただいてます。
うちはローカル新聞だったので、気づきませんでした。朝日新聞、図書館にはたいてい置いてあると思います。私も図書館で過去の新聞の束から探して拝見しました。

 

2012/08/13(Mon) 22:42:36

8月13日
あわわわわわ生きてます生きてます、原稿が原稿が原稿がっっ。

コミックナタリーさんでも「小説ちはやふる 中学生編」ご紹介いただきました、こちらです

挿絵は実は私も初めて見ました。先月末のゲラではまだ白紙(つまり、誰にもまだヒミツv)だったので。

なお、繰り返しになりますが、実際の本の内容は、この記事よりも進化? というか大増量になっております。新くんの物語だけで一冊になりまして、そちらは2巻として今後発売予定です。っつーか、今書いてんだってば!!!

いえ、あせりまくっているのは、別の原稿ですけれど。


いただいた本のご紹介
「落ちてきた龍王(ナーガ)と滅びゆく魔女の国」
(著:舞阪洸先生 画:よう太先生 MF文庫Jより発売中)
おもしろかったです! ナーガ様の正体は、すぐわかっちゃいました、てへっv マジ男前ってか、性格的にいい男ですね、ナーガ様Vv

 

2012/08/07(Tue) 20:56:29

8月7日
立秋。すみません、生きてます。原稿書いてます、がんばってます。せめてお盆くらいは休みたい。

いただいた本のご紹介
「聖刻の竜騎士(ドラグナー)宗
(著:瑞智士記先生 画:〆鯖コハダ先生 MF文庫Jより発売中)
瑞智先生より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
新キャラのカバーガールが、かわいいですね「お兄ちゃんって呼んでもいいですか?」

 

2012/08/01(Wed) 19:45:34

8月1日
がんばってお仕事してます。いろいろあって、夏休みは消えました……。
かなりがんばってるつもりです。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania