風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 11 月 (4)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事内検索

2011/03/29(Tue) 09:10:23

3月29日
被災地支援、ささやかながら、私なりにできそうなことが見つかりました。知人に紹介していただきました。
毎年恒例の予告を書くシーズンとなりましたが、今年は自粛したいと思います。すみません。あしからずご了承ください。

 

2011/03/25(Fri) 09:52:25

3月25日
HEADLINEにも書きましたが。
小学館FCルルルnovels3冊(「鈴木くん」「BLACK BIRD」)が、モバイルコンテンツ配信「全力書店」(ケータイで読む専用書店)でも、電子書籍としてお安く買えるみたいですね。お値段は300円相当(300ポイント)です。

「全力書店」 http://zbk.me/(ケータイ専用です。パソコンからは行かれません)もしくはこのサイトのリンクの「全力書店」からどうぞ。
会員にならないと買えないと思いますが、なられたかたは、TOPの目次から「小説」をクリック、小説の目次の中の「4検索」をさらにクリック、「作者名」でアイウエオ順検索してください。トの2ページめの真ん中くらいです。

「半分だけの妖精に、キスを。」のご紹介は3月18日の近況報告をご覧くださいませ。

 

2011/03/24(Thu) 17:21:28

3月24日
「半分だけの妖精に、キスを。」略して「半キス」、中の挿絵がすべてできました。
増田先生、本当にどうもありがとうございます、感激です、イメージ通りのキャラで。
若き王様が「実現までの道は険しく、難しいが、こういう世の中にしたい」と理想を語る、そんなシーンがたまたまですけれど、あります。
なぜ語るのか、詳しいことはネタばれなので書けないですけれど、担当様は「感動した」とおっしゃってくださいました。うれしかったです。

くりかえしになりますれけれど、本当に今回は今までにない流通困難な状況の中、発売日に向けて、関係者の皆様ががんばってくださっています。感謝いたします。
一市民の私のできることは、せめて経済を回す事だと思っています。

復興のため、インフラ整備に使われるのは税金で、税金は働く人と会社が納めたお金です。
祈る以外にも、具体的にお金を世の中で回さないとなぁ、回らないと納入税額も減って、けっきょくいろいろが進まないよな、と思うのです。私もほんのわずかながら税金ちゃんと払いましたし。
政府の偉い人にはきちんと役に立つよう、お金使ってほしいですよね。

 

2011/03/21(Mon) 19:31:46

3月21日
「半分だけの妖精に、キスを。」略して「半キス」、著者校正が済みました。
刊行に向けて、私の作業はこれでおしまいです。流通や電気が普段よりも厳しい状況の中、発売日に間に合わせようとがんばってくださる関係者の皆様には、本当に恐縮で頭が下がります。ありがとうございます。

一ヶ月後――来月の発売日にどんな状態まで世の中が復活しているのか、私にはまるでわかりませんが、発売されるのだけは今のところ確かだと思います。
確実な入手をご希望のかたは、書店さんで予約注文されることをおすすめいたします。

双葉社の担当さんから連絡がありまして、「マコト」が連載されているwebマガジン「カラフル」の、次の更新は4月11日になるそうです。3月25日は更新お休みです。よろしくご承知置きいただければ幸いです。

 

2011/03/18(Fri) 16:23:57

3月18日
公式発表がありましたので。

新刊のお知らせです。
4月20日発売予定
「半分だけの妖精に、キスを。」
画:増田メグミ先生 一迅社文庫アイリスより 予価¥590(税込)

「メガネ恋。」から2年と3ヶ月ぶり、アイリスからの新作です。
なんと! 増田先生にまたイラストを描いていただくことができました。
きらっきらのカバーイラストは
アイリス公式ページでちら見せしておりますVv
近世欧風の衣装がとってもすてきです。注文通りのデザインの王冠を描いてくださり、増田先生、本当にどうもありがとうございました。

妖精がたくさんいるけれど、人の目には見えない世界。赤ちゃんの時妖精に取り憑かれて、半分だけ妖精になってしまった、「アーダ」と呼ばれるしっぽ獣耳系など異形の美形男子が、一万人に一人の割合で存在する国。

しっぽ獣耳つきだったりするけれど、優れた能力を持つ、若くて美形の男子しかいない、ここ重要。

彼らは「アーダ使い」と呼ばれる特定の女性の血を一滴なめる契約をし、彼女の涙など「体からにじむ液体」を時々口にしないと死んでしまうのです。なめたら不老長寿ですけど。
なので彼女に誠心誠意、妖精の異能の力を以てお仕えするのです。特に最初に血をなめた唯一人の女性に対して、彼らは報われない、けっして許されない恋をする宿命にあり……。

ヒロインのクレアは、アーダ使いの貴族のお嬢様ですが、訳ありで……しかも家族と財産すべてを奪った、仇敵である若き王様(王様は逆にクレアが家族の仇だと思っている)にとらえられて幽閉され……えっ、そんな大ピンチに?
クレアに仕えるアーダは二名、エルフ耳と透明な昆虫羽を持つクールなメガネ執事と、もふもふ垂れ犬耳とふっさふさの二股しっぽを持つ元気な忠犬従者、よろしくなのです。ほかにもアーダが登場しますよ。

初めはコメディにするつもりだったのに、気がついたらばどうにも許されない、命がけの恋のせつなさを、今回も書いています。どうやっても軌道修正できずに、どんどん話は「禁断ラブ」方向へ。どうせ時海はそれしか書けませんよと、とうとう開き直ってしまいました(^^;)

 

2011/03/16(Wed) 10:43:28

3月16日
あらためまして。
このたびの地震災害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。月並みな言葉ですが、他になんと申し上げたらば苦しみを共有できるのか、情けないことに思いつきません。
救助や復興の作業に従事される皆様の使命感には、本当に勇気があると感動と尊敬をいたしました。
自分の無力さを痛感しつつ、今のわたしにできることは義援金の寄付くらいですけれど、そのうちにできることが見つかりましたら、行動しようと思います。

「好きです鈴木くん!!」の増刷分、私への以前の編集部からの連絡では、この週末の連休前後に発行の予定でした。

が、この時期この状況では、配送(書店さんへのお届け)が遅れる可能性が、小学館すべての出版物において言えるようです↓
http://www.shogakukan.co.jp/news/detail/_id_376381

お待ちいただいている皆様に対しましては、たいへん心苦しいのですが、なにとぞあしからずご了承いただきたく、謹んでお願いもうしあげます。


今気がついたのですが、千円札の裏に鶴がいたのって、旧札ですね、きっと。夏目漱石先生の。
今の野口英世先生のに描かれているのは、水です!
水も必要と思います、被災地では。長野県が募集しているので、家にある備蓄を届けようと思います。

 

2011/03/15(Tue) 17:24:44

3月15日
カラー口絵きた。
すっごくおしゃれで、メガネすてきすぎ。

冷静で普段通りの生活を続けて、景気をこれ以上悪くさせないのも、復興へ向けてできる協力の一つだと思ってます。

ヤシマ作戦に続き、ネットでは「大人の千羽鶴」というのが話題だそうです。

大人なら、折り紙で千羽鶴を折るのではなく、「千」円札の裏で「羽」を広げている「鶴」を被災地へ届けよう……つまり義援金の募金箱には小銭だけでなく千円札を入れよう、という運動だそうです。
ある女性タレントの方が提唱されたようです。

私も大人なので、賛同して、鶴を入れてきました。

 

2011/03/13(Sun) 17:09:35

3月13日
地震の被害に遭われた皆様、おつらい思いをされていらっしゃるだろうこと、胸が痛みます。たいへん案じております。ご無事でしょうか。心よりお見舞い申しあげます。

西日本在住の友人のかたがたから、ご心配メールいただきましたので。
私は長野の震源よりかなり離れたところに住んでいます。無事です。
ご心配いただきまして、ありがとうございました。

地震の直前に原稿は完成しまして入稿、問題ないのですが……。

東北地方太平洋沿岸にお住まいの友人と連絡が取れず、どうしているのか、とても心配しております。ご無事を心から祈るばかりです。

まずできることとして、明日、義援金の寄付にゆこうと考えています。
あとヤシマ作戦(節電)参加します。

 

2011/03/10(Thu) 17:25:01

3月10日
双葉社web小説「マコト」の連載第22回が更新になりました。
えー今、自分で確認のためにざっと画面上で読み返してみて、後半のあまりのラブ度の濃密さにもだえころがってしまいました。はっはっははは恥ずかしいぃぃぃっ、こんな濃ゅいラブシーン書いたの誰だよぉぃ>私ですごめんなさい。

あ、でも、今から初めて読まれるかたは、既にばんばん伏線回収ネタばれルートに入っておりますので、どうかご注意をお願いいたします。

ネタばれ回避ご希望ですと、一気に画面下までスクロールし、一番下に冒頭へのリンクがあるはずですので……。
BackNumberという緑のボタンです。押して「マコト」を選択してください。ほかの回(途中)へも飛べます。

ちなみに過去の分は全部だと、原稿用紙で600枚ほどになってます、長文です。申し訳ございません。大人向けも含めてラブシーンは随所にございますが。


いただいた本のご紹介
「クリスタルエッジ 決戦・全日本へ!」
(著:風野潮先生 画:桑原すみれ先生 講談社YA! ENTERTAINMENTより発売中)
講談社の編集部経由で風野先生よりちょうだいいたしました。本当にいつもどうもありがとうございます。
男子フィギュアスケートの物語、シリーズ3巻め、最終刊です。監修と推薦文はあの金メダリスト荒川静香さん!
……男子が舞う「白鳥の湖」って、ぜひ見てみたいです^^




 

2011/03/09(Wed) 08:59:23

3月9日
やっと原稿の直しにめどがついた……。
なんだか直すたびにラブ糖度が上がる。いいことだよね? 激甘仕様は時海らしくて。
2年前にいただいた宿題でしたが、ようやく提出できそうです。来月の発売まで、またおおぜいの皆様のお世話になります、本当に感謝です。


なんかもう、この原稿の販売予約ページが、オンライン書店さんにできている……。ありがとうございます。
http://www.bk1.jp/product/03387024
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106010418/subno/1

 

2011/03/06(Sun) 16:04:34

3月6日
なかなか原稿が完成しない…………ううう、すみません、どうにか間に合わせます、発売日にお店に並ぶよう、その前に、ご尽力くださる関係者の皆様にご迷惑をおかけしないよう!!

また、近所のスーパーにある「夏目友人帳」のガシャポンの中身が変わりました。
今度は和菓子とニャンコ先生のフィギュアストラップ。ようかんまるごと一本食いしているニャンコ先生ゲット。これ、第何話のシーンだったかなぁ……。

「好きです鈴木くん!!」の複製原画の通販が始まりました。
私もケータイの公式サイトから早速申し込みましたv
こちらはパソコンからの申し込みです↓
http://www.sho-comi.com/news/110305/index.html

 

2011/03/04(Fri) 09:28:17

3月4日
新作のカバーイラストきたーーーーーーーっっ☆
きらっきらです。
まばゆいほどにきらっきらです!

早く皆さまにもお見せしたいです!!
某先生、本当にどうもありがとうございます感謝感激でいっぱいでございます!!!

 

2011/03/01(Tue) 09:26:27

3月1日
なかなか楽しいちょっとしたお仕事をいただきました。
どきどき緊張しつつも、楽しくチャレンジ中。

HEADLINEにも書きましたが。
新刊は来月に出るはず(ま、まだ修正が完了してない、手元に直しかけの原稿がっ)ですが、レーベルの公式発表(20日ころ予定)を待って、ここでも詳細公開したいと思います。すみません。
そのかわり、詳しめに発表しますのでおゆるしください。
タイトルとイラストの先生だけでも知りたい、とお急ぎの方は、こちら↓あたりをのぞくのも手ではないかとかと思ってみたりもしたりしなかったりするのです(^^;)
ttp://ranobe-mori.net/news/2011/02_005489.php


 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania