風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 11 月 (4)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事内検索

2010/12/28(Tue) 18:49:43

12月28日
新しいパソコンからこんばんは。昨日セットアップ完了、カスタマイズもだいぶできてきました。
横長のディスプレイになれるまでしばらくかかりそうです。
上隅の両端にある「戻る←」ボタンと「閉じるX」ボタンが遠いです(笑)

双葉社のweb小説「マコト」の連載第18回が更新になりました。たぶんこれ、連載期間1年を過ぎますね。

皆様、今年も一年どうもありがとうございました、よい新年をお迎えくださいませ。

 

2010/12/24(Fri) 22:11:07

12月24日
メリー・クリスマス☆
が、哀しいことに、パソコンがもう寿命みたいです。
これがこのパソコンからの最後の書き込みです。
明日新しいの買ってきます。サンタさんが届けてくれなさそうなので、自分で。

仕事〆切なのにーっ。
原稿は別のノートパソコンで書いているので無事です。

 

2010/12/21(Tue) 20:05:16

12月21日
皆既月食、楽しみにしてたのに、日没ころから雨が降ってきた。うわぁぁぁぁん。
次は半年後だそうです。……梅雨時じゃないか……orz

原稿やってます。「マコト」の続きです。年内はこれ書いて、年明けからもう次の新作原稿。がんばります。

東京都の例の条例に関して、都議会だの為政の関係者のお偉いかたがなんやかんや発言してらっしゃるようですが。
歴史研究者のはしくれとして、一言、言いたいです。

江戸時代、小説の内容にエロいとかくだらないとかそんなような理由で規制がかかり、本は発禁絶版、作者は手に枷をはめられて自宅軟禁、という時がありました。
それがなんという本で作者は誰だったか、規制したのは誰か、私たちは知っています(少なくともこの規制した人物の名前は中学の日本史で習うはずです)。
その小説を今、読むこともできます。

それがどういう意味か、発言をしたかたはわかってらっしゃるのでしょうか。
つまり、いくら規制しても、けっして歴史から抹消できはしなかったんですよね。
きちんと後世に伝わった、伝えようとした人がいたわけですよ。

 

2010/12/18(Sat) 10:09:58

12月18日
「言霊師どーも」へ先週までに届いたファンレターに、今お返事を書いているところです。
たくさんのファンレター、本当にありがとうございました!
イラストやプレゼントもあって、感激でマジ泣きそうになりました。うれしいです、読者さまあっての小説書きです。

月曜日には投函したいと思っています。クリスマスまでにはお返事が配達されるはずですので、もしも「こないよぅ」とおっしゃるかたがございましたら、お手数ですが、このサイトからメッセージを送ってください。

東京都の例の条例、池山田剛先生がふたたびブログでコメントされてらっしゃいます。
真摯で憂いと思いやりに満ちたご意見に、私も心から賛成です。ぜひご一読願えたらと思います。

 

2010/12/17(Fri) 21:26:35

12月17日
取材に行ってまいりました。
好天に恵まれ、とても気持ちがよかったです。
実在の人物を描くことに初チャレンジなので、縁の場所へ「書かせてください」とお願いに行ってきたかんじです。

いただいた本のご紹介
「ビースト☆レスキュー 3 禁断のビースト狩り」
「ビースト☆レスキュー 4 幻のジャングル・ビースト」
(作:ビーストリー・ボーイズ先生 訳:中井はるの先生 画:亜沙美先生 金の星社より発売中)
亜沙美先生より頂戴いたしました。シリーズ3&4巻です。
本当に多彩なビーストたちが出てきますが、いつもながら亜沙美先生のデザインがすばらしいんですよね。かわいいの、不気味なの、そして3巻のカバーは怖すぎです! 私の一押しキャラ「メガネ白衣のクールな女性獣医さん」今回は迷彩服で探検スタイルを披露してます。萌えます!!!! あ、主人公狼系男子は今回もいつもどおりもふもふですよ! もっふもふv

 

2010/12/13(Mon) 21:01:43

12月13日
報道によると、東京都の例の条例はどうも可決の公算が高いようで、今からでもまだ何か否決のためにできることはないかと、悔しい思いをしているのですが。

全ての創作表現作品に対し、行政権力が口出しして「あれはダメこれはダメ」という性質のものではない(表現とは)と思うのです。
以前、春にも書きましたが、その作品がダメかどうか決められるのは、読者さんなど最終的に受け取ったかただけです。私はそう考えています。

もう一度池山田先生からのメッセージへのリンクを貼っておきます。私が語るよりもわかりやすく、すばらしいメッセージですので。

 

2010/12/11(Sat) 09:03:31

12月11日
こちらの毎日新聞デジタルの記事によりますと、漫画を出版する大手出版社10社が、東京の青少年育成条例(私はあえて健全とは書きません)の改訂(あえて改正とは書きません)に抗議し、「東京国際アニメフェア2011」への出展をボイコットするそうです。

私時海結以は、創作表現者として、これらの10社の主張と行動に賛同いたします。

以前も書きましたが重ねて、この文をお読みの皆様に考えていただきたいお願いがございます。

いくら東京都の関係者が「心配はない、懸念するような運用はしない」と発言したとしても、それは今現在のその人や関係部署の考えであって、恣意的な運用つまり解釈や使いかたによってどうにでもできる条例が存在する限り、将来はわからない、ということです。

今から70年あまり前、よく似たことがこの国にあり、その結果何が起きたか、歴史をどうか忘れないでいただきたいのです。

 

2010/12/10(Fri) 16:15:27

12月10日
双葉社のweb小説「マコト」の連載第17回が更新になりました。
今回で物語の構造がかなりわかると思います。ここから新たな展開がまた始まります。

さっきコンビニで、「ホットゆずドリンク」だと思って買って、ろくにパッケージ確かめずに飲んだら「……固まってる……」。飲めません。
よく見たら「ホットゆずゼリー」でした。シェイクして、ゼリーをクラッシュして飲むんですね。
ちょっと驚いたけど、美味しかったのでまた買おうと思います。

 

2010/12/05(Sun) 16:49:21

12月5日
資料のCDを聞いたら、予想と違うメロディとテンポでびっくり。「吟じます」ってかんじだった。
取材のためのガイドブックも読んでます。小学校の修学旅行以来の再訪です。いや、以前行った京都だって中学高校の修学旅行以来でしたけれどね。

たいせつなこと。
春にも何度かここで書きましたが、東京都の青少年育成条例の問題、池山田剛先生がブログで声を上げてらっしゃいます。本当に池山田先生のおっしゃるとおりです。
予想外の暴投くらったかんじで、さらにあいまいに改訂された条文、全然よくなんかなってません。根本的な問題や論点はずらされ、隠されてしまっているように、私には思えます。
あいまいであればあるほど、その条文は後の世に恣意的、つまり解釈する人によってどうにでも都合良く使われてしまうんですよ。

 

2010/12/04(Sat) 09:43:58

12月4日
ぼちぼち原稿中。まったりペースで年を越す予定。
年賀状用写真を撮りました。うちのウサギ菫ちゃん(シルバーグレーのコートを着たお嬢様)。ミッフィーの英語版絵本と一緒に。
今日これから画像取り込んで、印刷するんだ〜。忘れなければ、お正月にはギャラリーにその画像を展示しますね。

 

2010/12/01(Wed) 19:41:46

12月1日
今年もあと一ヶ月!
あまりのかわいさに負けてスーパーで、ウサギのフィギュアが載ったミニ鏡餅を買ってしまいました。

もたもたと原稿書いてます。春まではとぎれなく書き続けないと。

暖かかったので、ちょっとご近所へ取材に。他の遠方取材も準備中です。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania