風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 11 月 (4)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事内検索

2010/01/29(Fri) 11:40:12

1月29日
お昼前にまた入り口のカウンタがとんでしまいました。
7600をほんのすこし越えたあたりだったはずです。トップのこれまでのアクセス数を修正しました。
出てくる管理用の警告文から察するに、同時に複数の人がアクセスしたため負荷がかかった、みたいな原因が考えられますね。しかしそんな事態がいつ発生するかなんて私には予測できませぬ……(^^;)

原稿(第一稿・ゼロから書きあげた原稿。ここから何度か、担当さんと話しあって修正をする)はどうにか今月末という〆切の約束に間に合いそうですが、ここで気を抜かないようにしないと。


 

2010/01/28(Thu) 09:35:46

1月28日
原稿、どうにか残るはエンディングだけになった……。

「好きです鈴木くん!! ―ピュア・ホワイト・ラブ―」のネット無料立ち読みが始まりました。半年間の公開みたいです。
こちらになります。
本文&イラストの冒頭から22p分、実際の本の28pめまでがご覧いただけます。
いきなりこんなシーンから!? ですので、ぜひのぞいてやってくださいませVv

ホント、製作秘話にも以前書きましたけど、このごろの本は公式ネット立ち読みがあるので、冒頭に工夫が要るというか考えがいがありますね(笑)
「おっ」というようなキャッチシーン、キャラ&舞台設定の説明、おもしろそうな事件の発生、これだけを冒頭の立ち読みに収まる範囲(15〜20pくらいかな)にテンポよく入れないと。

 

2010/01/26(Tue) 22:51:11

1月26日
まだまだまだまだまだまだ原稿中……orz

モバイル「アニメ夏目友人帳」、やっとLvがワンランク上がりました。こころなしか親しくなった妖からのMSGも温かくなった気が……。

いただいた本のご紹介
「“文学少女”と美味しい噺1」
(原作:野村美月先生 作画:日吉丸晃先生 キャラクター原案:竹岡美穂先生 シナリオ協力:松田美弥先生 角川書店ASUKA COMICKS DX より本日発売)
松田先生からいただいたコミックスです。どうもありがとうございます。
ファミ通文庫「“文学少女”」シリーズ番外編のコミカライズです。作画は富士見ミステリー文庫「さよならトロイメライ」(著:壱乗寺かるた先生)のイラストレータさんですね。

取りあげられている「更級日記」と「万葉集」は私も大好きです。2巻は4月の発売みたいです。小説本編もお勧めですよ。ちなみに本編のコミカライズは別の漫画家さんの作画でスクウェア・エニックスから出ています。アニメ映画もゴールデンウイークに公開されるみたいですしね。

 

2010/01/23(Sat) 09:01:55

1月23日
がっつり原稿中。クライマックスそろそろ突入。

次の原稿(複数)のプロットを作らなきゃとか資料買って読まなきゃとかとっても気になってますが、まずはこの原稿を書きあげないと。
次のお仕事がまだいくつかあることに、心から感謝いたします(最敬礼)

 

2010/01/20(Wed) 08:39:07

1月20日
まだまだまだまだ原稿中。
〆切大丈夫かな……(汗)

「アニメ夏目友人帳」モバイル、全然Lvがあがりませんorz
アプリむずかしいよう、ゲームで勝てないよう。スピードとかいらない、記憶力ゲームなのに。
毎日こつこつとやってますが。

 

2010/01/17(Sun) 21:00:36

1月17日
のたのたと原稿中。ひたすら原稿中。行きつ戻りつ進まない(涙)

『Sho-Comi』の公式サイトに漫画の描き方講座のコーナーがあります。
その最新更新第44回漫画を描く上での心構えを読んだら、ツボに入って爆笑してしまいました。

まあ、少女小説も同じですよね。
「恥ずかしさを捨てましょう。だいじょうぶ、恥ずかしいのは最初だけです」
そのうち妄想全開で書きなぐるのが快感になりますぜ口説きもラブシーンもエロシーンも(笑)

 

2010/01/15(Fri) 21:35:44

1月15日
まだまだ原稿中。
ちょっと〆切が心配になってきた。どきどきどき。

でもとってもうれしいニュースを聞きました、作品に関して。
どうもありがとうございます、関係者の皆様!
お年玉って偉大ですね。そして何よりも、感謝しなければならないのは! 

お買い求めくださった皆様、本当に本当にうれしいです、心の底からありがとうございました!!


いただいた本のご紹介
「魔天使マテリアル 察(厖磴療兄函
(著:藤咲あゆな先生 画:藤丘ようこ先生 ポプラカラフル文庫より発売中)
カラフル文庫担当さま経由藤咲先生より頂戴いたしました。いつもまことにありがとうございます。
シリーズ7巻め、いよいよサーヤの秘密が仲間たちに……!

JIVEカラフル文庫はポプラカラフル文庫という名前に変わりましたが、本の内容外見は変わりません。今後ともごひいきによろしくお願い申しあげます。

 

2010/01/12(Tue) 12:47:38

1月12日
もくもく原稿中。
なのでおもしろい話題がありません……。

と、それではナンなので。

最近おもしろかった漫画。
「百姓貴族1」作:荒川弘先生 新書館

ご存じ「鋼錬」の荒川先生のエッセイ漫画です。
北海道十勝地方の農家兼畜産家でお育ちになった先生の実体験漫画。
大爆笑。そうそう、農家や牧場だとこーゆーことあるあるある、というところで笑えました。
が。
規模は北海道に比べたら小さいですが私も信州の農村育ち(近所に牧場あり)なので笑えるわけで、都会暮らしのかたがお読みになったら違うところが笑えるんでしょうね。

 

2010/01/08(Fri) 19:25:27

1月8日
もくもくと原稿中。なんだか当初の予想よりももっとせつない方向へ向かいそうな……。

一昨日の誕生日に、自分へのプレゼントとして、「アニメ夏目友人帳モバイルサイト」へ入りました(笑)
ニャンコ先生の着ボイスと待受フラッシュとデコメパーツが狙いです。井上和彦さま〜〜v
あ、名取さんも……また石田彰さまのボイスが増えるんですね私のケータイ。

しかし。
一部のコンテンツはアプリがんばってレベルをあげないと、簡単にはもらえないと判明。ぼちぼちとやっております(笑) 原稿の合間の気分転換に。
それとまず、レベル最低でももらえる待受とボイスだけ実装しました。もちろん斑(まだら)ボイスもセットで。
いいかんじに罵倒されて、喜んでおりますあたくし(Mだったのか自分)。

録画をまた見直したくなりました。

 

2010/01/06(Wed) 09:48:13

1月6日
私の誕生日……だと思います(笑)
年々気は若くなってます(幼児化しているとも言う)が、確実に体力と精神力と記憶力は落ちています。「かいふく の じゅもん」を知りたいです。

原稿書いてます。
原稿モードの時は、寝ようとしても次々と、書き漏らした言葉や次の展開が浮かんできて、布団から起きだしてはメモ帳に書く、というのを繰り返します。
お風呂で思いついたときはたいへんで、忘れないように繰り返していると、シャンプーとコンディショナーやボディソープを間違えて髪に塗りつけたりします。

私のメモ帳はいらない裏紙を小さく切ってクリップで閉じたものですが、そんな日々では一日に10枚とか書きつけるから、たちまち減ってゆきますね。
翌日の執筆開始はまずそのメモをパソコンへ入力し、原稿に反映させて、メモを丸めて捨てる、というとこからです。


いただいた本のご紹介
「鋼鉄の暗黒兎騎士(はがねのくろうさぎ)」
(著:舞阪洸先生 画:伊藤ベン先生 ファミ通文庫より発売中)
舞阪先生より頂戴いたしました。いつもいつもまことにどうもありがとうございます。
「鋼鉄の白兎騎士団(はがねのしろうさぎ)」シリーズの短編集です。くろうさぎはもちろん、可愛い顔して腹黒な主人公ガブちゃんのことですね(笑)

 

2010/01/02(Sat) 09:14:48

1月2日
HEADLINEにも書きましたが。
「コウヤの伝説」の挿絵を描いていただいた漫画家のゆづか正成先生のウェブサイトで、「コウヤ」2巻のキャラ四神の白虎と主人公吾郎の描きおろし年賀イラストが公開中です。
よろしければ、というか、正直ぜひリンクからどうぞ!

私は元旦の朝テレビ番組で、埼玉県の東武動物公園で飼育されているホワイトタイガーを見て、「一度観に行きたい」と思いました。
四神で唯一実在する動物である白虎、見ると幸せになれると聞きましたので。

 

2010/01/01(Fri) 09:37:29

2010年1月1日
新しき年の初めの初春の 今日降る雪の いやしけ吉事(よごと)
       大伴家持(万葉集巻二十)


明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申しあげます。

万葉集のとりを飾る歌を、今年はご紹介してみました。
平城遷都千三百年を記念して。
遠い未来、万代の世までをも寿ぎ、祝い、万葉集が未来永遠に伝わることを祈って、編者によって最後に置かれたという説があるそうです。

このサイトも6年目になりました。
デビューからは8年目、末広がりの年にしたいものです。

今年は国民読書年だそうですね。
私も積ん読を解消できたらいいのですが(笑)
お仕事もたくさんできたらうれしいです。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania