風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 11 月 (4)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事内検索

2009/12/29(Tue) 18:15:11

12月29日
今年最後の近況報告です。製作秘話を年内に更新できたら、します。
今年も一年間の温かい応援、どうもありがとうございました。
本を7冊、ケータイ小説を2作、発表することができました。
次の刊行は春休み頃の予定です。
来年もたくさんのお仕事に恵まれることを祈っております。

いただいた本のご紹介
「エリアの魔剣2」
(著:風野潮先生 画:そらめ先生 岩崎書店YA!フロンティアより発売中)
シリーズ2巻め、アクションハイファンタジーです。
主人公にフラグ立ちまくってんですけどー(笑) へたれ系メガネ男子登場、メガネを外せば……そうきましたか!

 

2009/12/27(Sun) 19:51:53

12月27日
年末年始ずっと原稿執筆しないといけないので、仕事部屋をしつらえました。
だって図書館が休みなんだもの。(私は図書館へ持ちこんだノートパソコンで原稿を書いてます。)
でも年始の客で落ち着かない、家族が日がな正月番組のテレビ見ているような自宅の部屋はイヤだ。

夏場はたまに仕事部屋にもしているのですが、普段冬はとても寒いのです、使っていない離れの建物。(うちの敷地内にあるのですが、都会の住宅街で考えたら一軒おいた隣くらいには充分離れてます)

離れには暖房がないので、セラミックヒーター加湿装置つきを買ってきました。
もったいないので、この仕事が済んだら、自分の部屋の8年使ってぼろいハロゲンヒーターと入れ替えようと思います。


いただいた本のご紹介
かたやま和華先生からご著書近刊2冊頂戴いたしました。
「お狐サマの浪漫飛行ッ!」
(画:風都ノリ先生 B's-LOG文庫より発売中)
シリーズ10巻めで初の短編集です。
「怪盗レディ・キャンディと狙われたキス」
(画:サカノ景子先生 コバルト文庫より発売中)
シリーズ2巻めです。
いつもどうもありがとうございます。女子ラノベ界ラブコメの女王かたやま先生、精力的にご執筆中であります!! ホントお笑いのセンスを分けてほしいです(笑)

 

2009/12/25(Fri) 19:34:00

12月25日
世間様が年末年始休暇中もお仕事三昧がっつり決定。こいつぁ春から縁起がいいわい……と思わねば。

ルルル文庫公式サイトが更新されました。
pdfで「鈴木くん」を紹介したフリーペーパーをDLできます。ネット環境によっては重たいかもしれないのでご注意くださいませ。

ルルル文庫(FCルルルnovelsも)、来年からフラワーコミックスと同じ発売日になるみたいですね。女子ラノベ各レーベル、1日売りが多かったので(アイリスはちがいますが)、一歩早く書店に並ぶことになるのでしょうか。


いただいた本のご紹介
「黒薔薇姫と忍びの誓い」
(著:藤咲あゆな先生 画:椿しょう先生 ポプラポケット文庫より発売中)
藤咲先生より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
児童書の「黒薔薇姫」シリーズ4巻めです。あいかわらずハイテンションで飛ばしてます。ギャグ満載で。このノリとスピード感、さすがは藤咲先生です。

 

2009/12/24(Thu) 18:09:09

12月24日
メリークリスマス!!!!
でも私は今日も明日もお仕事ーめりくりっておいしいの?(哀)

「好きです鈴木くん!! ―ピュア・ホワイト・ラブ―」が、原作コミックスの最新6巻ともども発売になりました。
元気な黄色地に、大好きな星野爽歌(さやか)ちゃんをお姫さまだっこした鈴木輝(ひかる)くん、が目印です。この二人のラブラブっぷりを主に描きます。

原作コミックスとカバーの背や裏表紙部分はそっくりですので、お手数ではございますが念のため、書店では僭越ながら私の名前の有無をご確認の上、お求めくださいませ。
実はカバーの手触りがびみょーに違うんですが、シュリンクされてる(透明フィルムで包まれてる)とわからないかも……。
ぜひともごひいきによろしくお願い申しあげます(最敬礼)

池山田剛先生が、原作コミックス6巻のほうで小説版をていねいにご紹介くださいまして、感謝感激です。何くれとなくお気遣いいただいて、本当にお心の広くて優しい先生でいらっしゃいます。

ところで。
帯とかカバー裏のあらすじとかで、うれし恥ずかし「メガネ男子」が強調されてますが。
小説オリジナルのゲストキャラが穏やか系メガネ先輩でして。これはいろいろと各方面ご相談の上、メガネに……私個人としては、たいへんにうれしかったのですけれど(笑)

いや、その、こうなったらひらきなおって私もひとこと叫んでもいいですか?
「好きです八王子先生!!」
メガネの数学教師イケメンでクールだけどここぞというときは熱血なんて、なんて萌えるっっVv
(原作キャラで、主人公たちの担任の先生です)
……失礼いたしました。
もう、時海のメガネ萌えは持ちネタと化しております……(笑)

連日更新で記事が流れてしまうので、再掲。
この小説版と原作コミックス6巻をセットでお買い上げいただきました読者様(ありがとうございます!)で、ご応募いただいたかたのうちから抽選で100名様に、小説版のカバーイラストをデザインした図書カードを編集部よりプレゼントいたします。
応募先などは、該当書籍の初版帯をご覧ください。

小説版の帯には、ルルル文庫全員プレゼントのクリアしおりセット応募券もついております。


いただいた本のご紹介
「ビースト☆レスキュー」
(著:ビーストリー・ボーイズ先生 訳:中井はるの先生 画:亜沙美先生 金の星社より発売中 児童書単行本)
亜沙美先生(「どーも」のイラストレータさま)より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。

イギリスの児童書の翻訳です。主人公は狼男の少年。中はビースト=モンスターだらけ。
亜沙美先生とうかがうと美麗な絵柄で美形や美人さんを描いてらっしゃるイメージですが(私もそれを狙ってわざと美形キャラを出したんですが・笑)、モンスターを描かれてもホントすばらしいです!!!
カバーがきらっきらに加工されてるんです。角度によって目や牙が光る。小学生男子読者さんが喜びそうですね。

 

2009/12/23(Wed) 17:24:36

12月23日
「好きです鈴木くん!! ―ピュア・ホワイト・ラブ―」一部オンライン書店で販売が開始になった模様です。
ルルル文庫編集部ブログでほぼ原寸大の書影をご覧いただけます。この画面の一番下にある該当書影のサムネイルをクリックしてくださいませ。
こんな大きな書影を公開しているところ、不勉強にして見たことがないデス私。小学館さんサービスいいですネVv
詳しくはまた明日〜。

いただいた本のご紹介
「クリスタル エッジ」
(著:風野潮先生 画:桑原すみれ先生 講談社YA! ENTERTAINMENTより発売中)
風野先生より頂戴いたしました。いつもどうもありがとうございます。
フィギュアスケートに熱中する男子たち! チーム男子なスポーツものです、ええ、いいですよね、爽やかな汗。風野先生の作品ではおなじみ、軽快な大阪弁の会話も楽しめます。

 

2009/12/22(Tue) 09:18:16

12月22日
冬至。数日前にユズをいただいたので、カボチャだけ買ってこよう。

規模は小さいけれど、「鈴木くん」小説版のラストシーンと同じものを観に行ってこようと思います。
小説の中のように連れてってくれるステキ男子が、私にはいないので、自分で車運転して一人で(こんなことばっかり言ってますよね私・笑)。

いただいた本のご紹介
「花守の竜の叙情詩(リリカ)2」
(著:淡路帆希先生 画:フルーツパンチ先生 富士見ファンタジア文庫より発売中)
淡路先生よりいただきました。どうもありがとうございます。
シリーズ2巻めです。あとがきによると全3巻だそうです。

せつなすぎる純愛、帯のキャッチからして、もう泣きそうです。「忘れられない 忘れたくない 運命が無慈悲だろうと」
美しすぎるカラー口絵なんてもう、書きこまれた数行の文字とともに眺めているだけで、胸がいっぱいになります。
いいなあ、純愛。

 

2009/12/18(Fri) 19:41:58

12月18日
「Sho-Comi」2号が発売されました。
巻頭カラー記事「鈴木くん新聞」で、小説版「鈴木くん」も取りあげていただいてます。
池山田先生の温かいお言葉とともに、私もちょこっとごあいさつさせていただきました。

「コミックナタリー」さんにも紹介記事を掲載していただいてます。

関係者の皆様、本当にどうもありがとうございます。


そして。小説版「鈴木くん」こと。
「好きです鈴木くん!! ―ピュア・ホワイト・ラブ―」の著者見本が届きました!!!
池山田先生のイラストが、本当っっに、すばらしいんです!!!!! はわあぁぁぁぁっと感動しました。

ちなみにカバーイラスト(表紙)はこちらのURLにあります↓
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_dtl?isbn=9784091330482

発売はクリスマスイブです。
原作コミック最新6巻とセットでお買いあげくださいますと、抽選で100名様に図書カードをプレゼント、だそうですので、よろしくお願い申しあげます。
ルルル文庫人気作品のクリアしおりセットの応募券もついてます!

 

2009/12/16(Wed) 19:04:35

12月16日
『Sho-Comi』2号の見本誌を頂戴いたしました。明後日発売、巻頭カラーで小説版「好きです鈴木くん!!」の記事を載せていただいてます。ぜひともよろしくなのです。

HEADLINEにも書きましたが。
「プリマヴェール四兄弟」のキャラ別デコメパーツ各種および、キャラ別待受が配信開始になっております。ごあいさつとか着信画面とか、いろいろあります。
なんと無料です!!!!(全力書店会員様は)

キャラの表情がちょこちょこと動く! ちびキャラ絵文字もある! こういうコンテンツを作っていただいたのは時海初めてで、うれしくてうれしくて、全部もらってしまいました(笑)
待受もきれいで、すばらしいできです。バックは各キャラのイメージカラー(私が決めた)になってます!
よろしければぜひ、ケータイで「全力書店」へ。


いただいた本のご紹介
舞阪洸先生からご近著を2冊頂戴いたしました。

「狗牙絶ちの劔 ―刀と鞘の物語― 4」
画:うなじ先生 富士見ファンタジア文庫から発売中 シリーズ完結刊

「青屋敷殺人事件 上 ―壊し屋蝶子の事件帖―」
画:西野木先生 幻冬舎幻狼ノベルスより発売中 シリーズ2巻目にして上下巻の上巻

本当にいつもどうもありがとうございます。
精力的にお仕事されている舞阪先生を、心より尊敬いたします。

 

2009/12/14(Mon) 18:02:03

12月14日
500枚入りで一束のコピー用紙が、めったにない15%引きだったため、10束買いました。

  …………重っ…………。

5000枚のコピー用紙=原稿のプリント用なのですが、個人の買い物じゃないですよね(笑)
2年分くらい? これを使い切るまでは物書きでいつづけなくては……。

 

2009/12/12(Sat) 20:07:19

12月12日
ずっと、もう一度視たかったアニメが、どうやら再放映されるらしいとの情報を手に入れ、小躍りして喜んだところです。
しかし思い出フィルターがかかりすぎているし、だいたい実は内容よく憶えてないようんと昔のアニメだもの。とにかくとてもおもしろかった、という印象だけがやけに強い。
だからどきどき、ちょっぴり怖かったり。
DVDも出てないみたい?? (ちゃんと調べたらもしかして出てるのかもしれないんですが)なので、これは録画するしかないですね。

 

2009/12/09(Wed) 19:04:27

12月9日
次の原稿の準備&マインドセット中。資料読んだり視たり。

この冬、打ち合わせのため東京へ行くときはこの展示を見てきたいなと思っています。上野の東京国立博物館には、すくなくとも年に一度は、上京のたびに行くのですが。
東京に行くと、取材や勉強になる展示を見られたり、手にとって吟味して専門的な本が買えたりするので、地方在住者にはうれしいです。
なので打ち合わせに加えて、半日くらい、時間に余裕をもっていきます。仕事がすごく忙しい状態でない限り。

 

2009/12/06(Sun) 09:34:34

12月6日
原作者の池山田剛先生が、「鈴木くん」の小説について、ブログでご紹介くださいました。
画像ありなので、リンクからどうぞ。

池山田先生は本当にやさしくてご親切なかたで、感激しました!! 私の書いた文へくださったアドバイスも的確でわかりやすく、とてもたくさん勉強させていただきました。
このお仕事をさせていただき、心からよかったと実感しております。



 

2009/12/05(Sat) 09:01:36

12月5日
本日発売『Sho-Comi』で、「鈴木くん」のカバーイラストが公開されています。
最初のところのカラーページ、次号予告です。
こんな本です、ということで、よろしくお願いもうしあげますv

『Sho-Comi」』次号(18日発売)に掲載される記事では、小説の内容とか紹介していただけるみたいです↓
http://www.sho-comi.com/yokoku/index.html
個人的には次号の付録がむちゃくちゃ楽しみなんですが(笑)

 

2009/12/04(Fri) 09:28:32

12月4日
今月のパズル原稿中。
「好きです鈴木くん!!」ノベライズの予約が、某「1」のつくオンライン書店とか、某東北方面プロ野球チームのオーナー会社系列オンライン書店とかで、始まってるみたいです。ありがたいことです。
著者校正もしましたし、どんな本ができあがるのか、私自身とっても楽しみです。

 

2009/12/01(Tue) 09:11:49

12月1日
今年も残り一ヶ月。
「アヴィスの聖乙女」無事発売になった模様です。なにとぞごひいきにヨロシクお願い申しあげます。

この冬も、中がもこもこふわふわのフェイクファーブーツを買ったんです。図書館で執筆するのに足が温かく、冷え症の私にはとてもありがたいしろもの。
去年からの課題だった、ジーンズの裾がもたついてブーツの中がきつい、という問題を解決するため、レギンスをはくことにしました。
厚手のデニムやコーデュロイっぽいの。デギンスっていうのかな。
ウエストがゴムというのに抵抗があって、はいてなかったんですが。

なんでみんなレギンスの時はトップスの裾が長い服なんだろうと思ってましたが、理由がよくわかりました(笑) おしりを覆う服でないと、肌に密着して空気の層がない分、寒いんですよね、おしりから腿が。
しかしウエストがゴムというのは楽だとついうっかり思ってしまったそう思ってしまいかねないのがイヤだったのに。……おばさんっぽいこと言っててまずいな(笑)

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania