風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 11 月 (4)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事内検索

2009/06/28(Sun) 21:28:41

6月28日
ようやく原稿一段落。土日は取材というか資料写真をイラストレータさんのため撮りに走り回ってました。複数の作品分。
自分のよく知る場所やものを思い浮かべて具体的に書いてしまったので、どんなものが写真でご紹介しないと。

いただいた本のご紹介
「秘密の菜園」(著:後藤みわこ先生 画:Yao Fei La 先生 ポプラ社より発売 YA児童文学ハードカバー)
後藤先生より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。イラストレータさんは中国系のかたでしょうか、漢字が文字化けする可能性がありますので、ローマ字表記にさせていただきました。
「秘密の花園」はバーネット作。ザ・シークレット・ガーデン。女の子の物語。
でもこれは……ア・ボーイ・ミーツ・ア・ボーイ……みたいです。そりゃもう後藤先生ですもの(^^)

 

2009/06/25(Thu) 08:24:29

6月25日
あれれ、またカウンタがリセットされてる。
たぶん昨夜700前後で飛んだと思います。
入り口の案内の数字、700足しておきます。

いよいよ暑くなってきました。
体が慣れるまでだるいです。

 

2009/06/24(Wed) 09:48:14

6月24日
こそこそと原稿中。〆切は迫るが、進まねぇ…………。

ジャケットがとってもステキvなので記事を貼りつけてみたり。
「遙か4」のボーカルCD発売です。キャラソンメインみたい。ジャケ絵キャラは同門組の皆さんですね。忍人さんの鎖骨萌(以下自主規制)
他にも「遙か4」関連情報をこっそりいただいてますので、また公式に出ましたら、ご紹介できればと思います。

 

2009/06/21(Sun) 22:16:24

6月21日
父の日。母の日に贈ったのと同じものにしました、母のリクエストで。
ええと、これって、おそろ? ラブいなー(笑)

今日は「どーも」2巻の初校ゲラを済ませました。
今のところ順調に進行してる模様です。8/10発売予定に向けて。

最近とっても感心したこと。
小説家になるにはどうしたらいいですか、という質問に、ある先輩作家さんはこう答えるとおっしゃいました。
「なれる秘訣は知らないけど、これやったら確実になれないって秘訣なら知ってるよ」
それでもいいから聞きたいというかたには、それを教えればいいんですよね。
「これやっちゃだめあれやっちゃだめ」といわれるより、ずっと気楽に聞けてお得な気分になれそうですよね、質問者のかたも。
ものは言いようだなあ、と。

いただいた本のご紹介
「花守の竜の叙情詩(リリカ)
(著:淡路帆希先生 画:フルーツパンチ先生 富士見ファンタジア文庫より発売中)
淡路先生より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
帯、文字より絵(カバーイラストとは異なる絵)が大きいって、めずらしいですよね。そのくらいインパクトのある帯であり、この絵が全てを表しています。

「支配した者とされた者」鎖で手首を戒められた少女と、少女を身勝手に利用しようとその鎖を持つ青年。しかしこの二人の恋の物語なのです、ええ。
敵対し憎しみあう孤独な男女が次第に認めあい、互いに心を開き、惹かれあってゆく。しかし結ばれることは許されない。
なんという私好みの物語!

ところで。奥付を見る限り、富士見ファンタジア文庫、が正式名称のままだと私は思うのですが、ファンタジア文庫、カバーデザインを変えてから、富士見の文字が取れてただ「ファンタジア文庫」とだけ書いてありますよね。奥付以外すべて「ファンタジア文庫」、過去のというか旧デザインのものも今はそう呼んでるようです。
「ファンタジア文庫・富士見書房」とこれからは表示すべきなのかなぁ。 

 

2009/06/19(Fri) 08:19:28

6月19日
ふたたびもくもくと原稿中。
このごろシュシュを集めるのにはまってます。
そんなにしょっちゅう買いに行くわけではないけれど。たまにお店に行くとまとめ買いしてしまうです。仕事中髪を団子に縛っているからですが。
せめて毎日違うのでまとめたい、服の色とコーディネイトして。

 

2009/06/17(Wed) 08:01:18

6月17日
今月のパズルのお仕事終了。
いよいよやってきました、雷の季節。
家では落雷と停電が怖くてパソコン仕事ができないので、ノートパソコンもって図書館のパソコン持ち込み専用机へ。図書館は停電しても自家発電でしのいでくれますから。
私のノートパソコンも1時間だけ内蔵バッテリが働くので、仕事は続けられなくてもデータを保存する時間くらいはあります。
昨日も雷で一瞬停電しましたが、図書館にいたのでデータ無事でした。

 

2009/06/14(Sun) 10:56:45

6月14日
またしてもカウンタがぶっ飛んだ……。
おそらく今日の未明頃6280〜6300位で飛んだと思います。
なのでTOPの数字に6300を足しておきますね。

先日、ファンレターで教えていただいた、日本の戦国時代に当たる時期のヨーロッパ音楽のCDを聴いてます。
「天正遣欧使節の音楽」「信長公ご所望の南蛮音楽」みたいなタイトル。スペインやイタリアの古楽です。民謡から流行歌・宗教曲まで。

教えていただいた「遣欧使節」に、「業多姫」の「一節切(ひとよぎり)」の演奏が収録されてまして、私も始めて収録されたCDを知りました。
同じ構造を持つ尺八やケーナとどこが違うのかといわれると、その中間としか言いようがないですが。

以前買ったまま積んであった「シェークスピアの聴いた音楽」みたいなイギリスのCDも開封して聞いてみたり。

 

2009/06/13(Sat) 08:44:12

6月13日
週末は原稿を休んで今月のパズルのお仕事。

昨日、あまりにも髪が酷い(たぶん3ヶ月くらい放置)のでいつもの美容院へ行ったら、新しい美容師さんが。男性のかたなのですが、椅子をそんなに高くせず、足を大きく開いたり、片膝をついたりして、はさみではなく、かみそりでカットしてくれるんです。 
かっこいい!
なんかすごくかっこいい!

仕事に追われて、ファウンデーションが終わりかけなのに買ってなかったり、いろいろ女としてやばいので……。ときどきどこかで買い物に半日とか費やさないとだめですよね。

 

2009/06/10(Wed) 09:50:24

6月10日
梅雨入りらしき空模様で、時の記念日。
時間は大切にしましょう自分、ときどき時間泥棒に出くわしてます。油断大敵。
で、で、でも、薔薇の花は今しか麗しく咲かない今しかかぐわしく薫らないと思うんだっ。(観に行ってしまう)

のたのたと原稿中。その合間に細かい他のお仕事も。



 

2009/06/07(Sun) 21:53:15

6月7日
昨夜、「プリマ」コンプ達成しました!
パソコンで読める形では、全てのイラスト入りの配信データもらってあっても、ケータイには自前の自力でこつこつ読みこんでいくしかありません、作者自身(笑)
スチルコンプして、画面をアルバムページから自分のデータBOXへ落とすと完成です。

いただいた本のご紹介
一迅社文庫アイリス最新刊の2冊
「真紅の式使い」(著:永野水貴先生 画:増田メグミ先生)
「革命皇女 doll★llob (ドール・ドール)」(著:いわなぎ一葉先生 画:さらちよみ先生)
アイリス担当N神さま(またの名を女神さま)より頂戴いたしました。
本当にどうもありがとうございます。いつもいつも時海にまで、送ってくださって。
えー、どっちもすごく私好みな設定なんですがっっ。二人の男、どっちを選ぶか、ヒロインのっぴきならないって。
増田先生、相変わらずお美しいイラストです。いわなぎ先生、昨秋お会いして以来ですが、お元気そうで何よりです。

 

2009/06/06(Sat) 17:19:54

6月6日
もくもく原稿中。

山野草の写真展をのぞいたら、桜草の写真が。
「環境庁指定準絶滅種」
ま、まじですかーっ☆
絶滅危惧種の一つ前、という解釈でいいのかな?

我が家の周囲では、ふつーにあちこちの庭先で見かけるし。
確かに開発が進んで、うちのあたりの林の中を流れる小川の縁では野生のものを見かけなくなりましたが。
そもそも、林の中を自然に流れる小川、というものがたいがい絶滅したっぽい。
盗掘にあいやすいし、この頃じゃシカが増えていろいろ食べちゃう? らしいし。

案外、「プリマ」の広大な敷地みたいなところは、貴重なのかも。
お話の中にしかなかったり……。


いただいた本のご紹介
「鬼が辻にあやかしあり 3 座敷の中の子」
(著:廣嶋玲子先生 画:二星天先生 ポプラポケット文庫より発売中)
廣嶋先生より頂戴いたしました。どうもありがとうございます。
妖怪ファンタジーの児童書です。廣嶋先生の描く妖怪は、いつも個性的ですよね。

 

2009/06/03(Wed) 10:05:09

6月3日
速くも一部オンライン書店さんで「どーも2巻」の予約が開始となっております。び、びっくりしたー。こちらとかこちらとか。

これ、このサイトで告知してもいいのかな、担当さんに伺ってみますね。い、いちおう、原稿は書けたからね(どきどきどき)。まだ担当さんのご意見で、細かい修正とかあるけど。

雑誌「コバルト」の公式ご紹介です。うわわわぁ、ホントに私の名前が載ってるよ、どうしよう(なぜかうろたえる)

次の原稿に入ってます。がんばります。

いただいた本のご紹介。
「Hは人のためならず」
(著:後藤みわこ先生 画:亜沙美先生 講談社YA!エンターテインメントより発売中)
「どーも」イラストの亜沙美先生から頂戴しました。亜沙美先生最新作……と書こうとしたら、「どーも」より3日早く発売されていた模様です。
Hするんです。ひとりHもあり……なんか誤解しましたね? 違います。奉仕活動の略で……まだ誤解とけてませんねもしかして?(笑) 
このタイトルセンス、本当にみわこ先生、お上手なんだよな。文章も美しいし。そして絵もあいかわらず萌えますVv 個人的には「ちゅう」ちゃん兄弟が気になります。

 

2009/06/01(Mon) 08:31:58

6月1日
衣替え。きのう「どーも2」の原稿を担当まーちん様へ送ったので、本日のお仕事はアンソロジーの手直し入稿だけにして、衣替えをしないと……まだ冬服が…………orz
冬服の上に、暑かったときひっぱりだした七分袖の服を積んであって、ちょっとものすごいことになってるので、冬服をしまって、半袖を出そうと思います。

本日発売の雑誌「Cobalt コバルト」(集英社)にエッセイを載せていただきました。表紙と主な目次はこちらだそうです↓
http://blog.shueisha.co.jp/index.php?ID=3725

愛するキャラについて熱く語るあのコーナーです。「西の善き魔女」(著:荻原規子先生 中央公論新社)のルーン=理系メガネの魅力について、語らせていただきましたです。……メガネかやっぱそこなのか自分(汗)

コバルト編集部のかたからご連絡いただいたとき、ちょうど「バクマン。」(原作:大場つぐみ先生 画:小畑健先生 ジャンプコミックス)1巻の最後のページを読んで閉じたところで、読まれた方はご存じだと思いますが、ああいうコマだったから、あまりの偶然にすごくびっくりしました(笑)

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania