風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 11 月 (4)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事内検索

2008/08/29(Fri) 11:35:23

8月29日
「あさきゆめみし」アニメ化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080829-00000002-maiall-ent
来年1〜3月期のノイタミナ枠(フジテレビ系深夜)

……ちょっ、ま、まじですか?????????




問題は、中の人ですよ中の人。
光くん、ああ源氏の君、「聞けば長生きしちゃうような美声」と紫式部先生が表現したお声は、どなたがCVをつとめられるのでしょう。
一ファンとして、続報を待ちたいと思います。ワクテカワクテカ。

 

2008/08/28(Thu) 09:09:39

8月28日
すこしずつ刊行予定が具体的に見えてきたり……そんな気が。
来月になれば、何かお知らせできるかもしれません、そうなるといいなあ、と思ってます。

三歩進んで一歩下がるかんじで、現在の原稿は書いてます。
現代物でしかもファンタジーではないから、日常の事件だけではもりあがってるのかないのか。ファンタジーばかり書いてきたので感覚がしっかりつかめない? このジャンル、短編ではやってきたので、その延長と考えてやってみてるのですが。まったりしてるのも、悪くはないのでしょうか。慣れてゆけば書くのがこれまた楽しそうなジャンルとは感じます。
一作書くたびに、新しいことをたくさん勉強です。

 

2008/08/22(Fri) 20:44:26

8月22日
今までにないパターンとか、キャラをもそもそともくもくと書いてます。
レーベルは児童書ですが、ラノベとの中間くらいの文体やキャラの心理を意識して。
完全子どもでもなく、思春期でもまだないけれど、プレ思春期みたいな。
自覚がまだあるかないかのほのかな恋愛、というテイストにも。
一作ごと、違うことにチャレンジしていきたいですね。

いただいた本のご紹介
「Neo Angelique (ネオ・アンジェリーク)3 天使の選択」
(原作:コーエーさま 著:藤咲あゆな先生 画:梶山ミカ先生 GAMECITY文庫より発売中)
関係方面よりいただきました。どうもありがとうございます。
ネオ・アンジェリークノベライズ版全3巻完結です。ゲームだけでなくアニメ版の展開も入れたストーリーです。なるほど、そういうルートできましたか。
梶山先生のコミック版5巻は来月出るという噂を耳にしましたが。楽しみ楽しみVv

 

2008/08/18(Mon) 12:44:15

8月18日
またしても、先月書いていた原稿に関連した花をいくつかまとめて見に行ってきました。
これで最終です。少しずつ季節が移ろう中で、いろんな花が登場するんですよ。夏の終わりの花……他の地域では秋の花だと思います。
晩夏の高原というか山の上に咲く花です。刊行公式発表後にまとめてご紹介できれば、と思っています。

いただいた本のご紹介
「小さな空」(著:風野潮先生 画:こころ美保子先生 JIVEより今月末発売)
ご担当編集部さま&風野先生より頂戴いたしました。まことにどうもありがとうございます。
ハードカバーで、一般文芸に分類されるご本です。「普通の日常生活を送っている家族の話」(帯のキャッチから)だそうです。

 

2008/08/16(Sat) 08:41:51

8月16日
東京まで、ちょこっと行ってきました。
仕事がらみで、とあるイベントを見に。
コミケではありません^^

列車が混むと思って始発で上京したことから、午前中時間が空きまして、上野の東京国立博物館で開催されている展覧会を見てきました。国宝級の日本美術。
だってこんなすてきな解説音声が聞けるんですから……ってそこか自分(笑)

なおこのリンク(同展公式サイトへ)は、明後日には切れてしまう可能性があると予想されますので、クリックはお早めに。

 

2008/08/13(Wed) 08:50:04

8月13日
仕事しなきゃいけないのに、結局見てしまうオリンピック。

昨夜はなでしこジャパンとソフトボールのLIVE、 チャンネル切り替えながら両方同時に見たら。
日本の得点シーンを両方とも全部、生で見そびれました……orz
(ソフトの1回裏のは、まだ柔道女子の表彰式だったかな)

チャンネル変えたら「あっ日本に点が入ってる」。

二兎を追う者は一兎をも得ずって、こういうことだと思いました。
でもウサギさんをいただきましたです。↓

いただいた本のご紹介
「鋼鉄(はがね)の白兎騎士団(しろうさぎ) 察
(著:舞阪洸先生 画:伊藤ベン先生 ファミ通文庫より発売中)
舞阪先生より頂戴いたしました。いつもいつもいただいてばかりで、本当にありがとうございます。シリーズ7巻め、好調ですね。
強くて美しい女子ばかりのこのシリーズにも、男子キャラが少しずつ増えてますが……p225のイラストには、盛大に噴きました…………。お兄様………………。

全然関係ないけれど私が飼ってるウサギの菫(♀)、飯が不味いと茶碗をトイレに運び、ひっくり返して中身を捨てるという、Lv高めな特技を習得しました。
「すみれ は ちゃぶだいがえし を おぼえた」
ごめんよ、かりかりフードの袋の口閉め忘れて湿気らせて。

 

2008/08/09(Sat) 13:09:10

8月9日
夏ばてしないようにと、がんばって食べていたら、びみょーに夏太り……(汗)
原因:アイスクリーム(だんとつ)・メロン・とうもろこし(祖父が畑で作ってる)
ここにさらして、ダイエットの決意に替えたいとおもひまふ(^^;)

先月書いていた原稿の編集指示修正中。自分では気がつかなかった日本語の間違いや矛盾点がいっぱい出てます……担当様、お手数おかけして、ごめんなさい。
この原稿の関連グッズを手に入れてきました。刊行発表後に、ネタ公開できるかな。

いただいた本のご紹介夏休みスペシャル
一迅社文庫アイリス(女子向け)の7月創刊タイトルをいくつか、関係方面より頂戴いたしました。私にまでお気遣いいただきまして、恐縮です。
「ルーク&レイリア 金の瞳の女神」
(著:葉山透先生 画:ひだかなみ先生 富士見ミステリー文庫から移ってシリーズ復刊)
「パステルと空飛ぶキャンディ」
(著:志麻友紀先生 画:水上カオリ先生)
「葬月記」(著:和泉桂先生 画:倉花千夏先生)
「.(period)」(ピリオド)
(著:瑠璃歩月先生 画:玄鉄絢先生)
「ワイルドブーケ 花の咲かないこの世界で」
(著:駒尾真子先生 画:甘塩コメコ先生)
タイトルのみですみません。百合ジャンルがあるのが特徴となるレーベルだそうです。

 

2008/08/07(Thu) 20:28:54

8月7日
昨日は雷雨すさまじかったのですが、今日は雷が鳴らなかったので、落ち着いて仕事ができました。
パソコンは落雷に弱いですからね。でも暑かった。

春頃書いていた原稿の資料に探していた、とあるジャンルのDVD。
けっきょくいいのが、そのときは見つからずじまいだったのですが。
こういうの欲しかったんだよ、というものが新品で、なんと300円で売ってました、ホームセンター。ワゴンセールでは付せんの処分品も安く買えたし。
いや、母が耐熱ガラスのティーポットを割っちゃいましてね、私が図書館行くついでだからと、買い替えにお店に立ち寄ったわけですよ。そしたら見つけたんです。

なんか得した気分です。

 

2008/08/04(Mon) 11:40:56

8月4日
次の原稿に着手してます。パズルの仕事をしつつ。ちなみに児童書です。

素足にサンダルで歩いていたら、足の甲がサンダルの形に日焼けした。油断した……。
上半身は日焼けしないよう気を使っていたのに。

我が家の庭いっぱいに桔梗が自然増殖してまして、今花盛りなのですが。
桔梗の花びらは5弁。しかしよくみると、6弁や7弁、8弁のが混じっているのです。
5弁が互い違いに二重に重なるふたえ咲きの桔梗もあるので、遺伝子が混ざってしまったのでしょうか。

 

2008/08/01(Fri) 12:56:31

8月1日
今月もHEADLINEの更新がなくて、すみません。夏が終わる頃には、何かご報告できればいいのですが。私自身、心から祈っております。

本日午前も、昨日「書いた」とここに記した原稿に関係する花を見に、行ってまいりました。
とても美しい花です。
見頃、と聞いたのが一週間前で、まだ原稿書いていて、「もう遅いかな」と思ったのですが、まだ大丈夫でした、間に合いました。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania