風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 11 月 (4)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事内検索

2007/07/29(Sun) 11:43:21

7月29日
鼻先人参は「ネオ・アンジェリーク 3」(いまお気に入りのコミックv 梶山ミカ先生・あすかコミックスDX・角川書店)と雑誌「ザ・ビーンズ」&「ビーンズA」(こちらもともに角川書店)ですよ。がんばれ自分。
入稿まであとすこし! もうちょっと! 締め切りは明後日です。

ところですごいショックだったのが、「ビーンズA」最新号が「9号」なんですよね。あ、あれ? この前買ったのが「7号」って……があああぁぁぁぁぁん★ 「8号」いつ出たんだろう……いや、季刊誌ですよね? あれれ? れれ???
ともかく、「ザ・ビーンズ」の方には、増田メグミ先生の漫画が載っていますのでv

うう、入稿したら、童心社の担当Y女史さまお薦めの「高校デビュー」(別マの連載漫画らしい)を大人買いしてこようっと。生きる糧は漫画になりつつあるこのごろ。
どなたか漫画お薦めしてください、待ってますでふ……。

 

2007/07/23(Mon) 22:07:53

7月23日
ふみの日。郵便局で今年の「百人一首切手」を買いました。去年も買いましたよ。一回に5首ですから、20年はこのデザインのシリーズでいけそうですね(笑)

冗談はともかく。
「メガネC」の手直し作業中です。さすが担当山男デスク氏(仮名)さま、アドバイスが鋭いです。昨日から蝉が鳴き始め、いよいよ夏ですね。秋には、この新作をお届けしたいと思っております。

いただいた本のご紹介
「モデラートでいこう♪」(著:風野潮先生 JIVEカラフル文庫より発売中)
風野先生よりいただきました。いつもどうもありがとうございます。
去年まで男子校だった高校の、吹奏楽部に入部した新入生女子たちのお話。
ええもう、ステキ男子密度が高いというのが、すぐわかりますね(笑)
私個人としては、「ああっ、こうきたのかぁ」が正直なところ。さすが尊敬する先輩です。押忍!
なぜそう思ったのかは、同じ現代学園ものの「メガネC」のあとがきで、いずれあきらかになるかもしれません(笑)

 

2007/07/20(Fri) 09:52:03

7月20日
昨日無事「あさき4」の原稿をすべて渡しました。
青い鳥文庫の今月新刊の投げ込み新刊チラシにも、9月発売ってのっていますね。
げ、げ、原稿はできたので、たぶんだいじょうぶと、信じたい……(^^;)
大和先生、担当さまをはじめ、関係者の皆さま、ほんとうにありがとうございます。

書店がそろそろ開店なので、榊一郎先生&増田メグミ先生のファンタジア文庫の新シリーズ、買いにいってきますっ♪
あ、や、そのあとそのまま図書館で仕事するですわよ〜。

 

2007/07/15(Sun) 21:58:25

7月15日
そんなわけで青い鳥文庫の公式サイトに、「あさきゆめみし4」発売予定日が発表されています。
二ヶ月後です、ただいま(担当さま関係者の皆さまともども)がんばってます!
私自身どっちが先になるか判らないかんじでここひと月半ほど、執筆作業同時進行していた「メガネC」は、「あさき4」よりは後になるかんじです、いまのところ。

いただいた本のご紹介
「はんぴらり! 1 妖怪だらけの夏休み」
(作:廣嶋玲子先生 画:九猫あざみ先生 フォア文庫童心社版より昨日発売)
廣嶋先生よりいただきました。どうもありがとうございます。
新シリーズです。とにかく、「はんぴらりのすず」がかわいいのv ていねいな描写、でもテンポのよい展開、楽しいお話です。イラストもとってもすてき。

 

2007/07/13(Fri) 10:03:44

7月13日
昨日、「メガネC」の電話うちあわせ。だいぶ刊行の目処が立ってきたかんじです。秋にはなんとか! 
現代学園もので、メガネキャラを書くのがはじめてなので、「メガネ」というコードネームなわけですが。キャラ全員にちゃんと名字と名前があるのも初めてで、担当山男デスク氏(仮名)さまが、全員を名字で呼ぶんですよ。体育会ノリ。
私は全員下の名前で呼んでいたので、なんかおもしろかったです。これで話が通じているところとか。

ホント、投稿時代から時代ものか中近世欧風ではない異世界ファンタジーしか書いたことがなくて、現代学園ものもコメディシーンの連続も生まれて初めての挑戦です。書くように強く勧めてくださったスタッフの皆さまには、感謝しております。
思いがけずとまどうところもあり、時間かかりましたが、いまはとにかく「私が楽しい」です、書いていて(^^;)
どうか皆さまのもとにも、楽しさが本文内からぶじ発せられてとどき、心寛く受け容れていただけますように。

 

2007/07/08(Sun) 21:20:10

7月8日
母校の高校の文化祭の一般公開へ行ってきました。
「メガネC」は現代学園ものですからね、学校の中を見学できるときがあれば、しておきたいものです。理科系の教室とか音楽室とか図書室とか部室棟近辺とか、あちこち潜入してしまったり。
学校を離れて久しいですから、やっぱり記憶と違っていたりすることってあるし、最新の状況は違いますものね。

部活の後輩さんたちにも、お話を伺ったりしました。
皆さんどうもありがとうございました。いきなりとつぜんおじゃまして、びっくりされたかもしれませんね、失礼しました。

あ……しまった。保健室を覗くの忘れた!

 

2007/07/07(Sat) 22:43:18

7月7日
07年07月07日です。午後7時から開催されるとあるイベントへ行ってきました。
っても、日付と時間がラッキーセブンなぞろ目なのは、あんまり関係がありません。や、これでラッキーがお空から降ってくることになれば、最高ですが。
「メガネC」に、ほぼこのイベントというかよく似たシーンがありまして、私は過去の記憶で書いたので、たまたま調べていたら、ぴったりのがあったと。
ああ、もどかしいなあ、具体的に書けないのって(^^;)
この件に関しては、発売確定しての公式発表後に、もう一度詳しく書きますね。たぶんそんなに遠くない日だと……お星様に祈りたいです!
とっても参考になりました。

 

2007/07/04(Wed) 18:42:50

7月4日
七夕飾り、わが家も玄関に。このところ毎年同じお願いを短冊に書いてます。
「新作が売れますように」お星様、お願い、今年こそ晴れて夜空にお顔を出し、このお願いを読んでくださいませんでしょうか……。

がしがし原稿書いてます。夏中書く予定。秋にかけて。いくつも。

いただいた本のご紹介
「赤石沢教室の実験」(著:田代裕彦先生 富士見書房より発売中)
田代先生からいただきました。どうもありがとうございます。文庫ほぼ3冊分のボリュームとそれなりのお値段です。
一般文芸になるのかしら。単行本なので、イラストはありません。本格ミステリだそうですよ。
富士見ミステリー文庫で「殺人許可証」を持つ男、書生風の丸メガネ、長めの前髪、長身、着流し和服、そして魅惑のバリトンボイス、田代先生の新作です!
ただいま書店にある「ドラゴンマガジン」の裏表紙でモデルデビューもなさっている田代先生の新作ですよ!

 

2007/07/01(Sun) 09:45:27

7月1日
こ、こ、今年も半分終わったのですか!!!!!?????

書店の店頭で、「あさきゆめみし」通常しおり2007バージョンを確認しました。どうやら青い鳥文庫今月新刊分から早くも挟まれているようです。秋っぽいデザインですけれど。

なんかホントに追いこまれてきた気がします……ええと、がんばりますです。原稿データだけは私が書かないと、どうにもなりませんから……。担当さまがた、お待たせしていてマジ申し訳ないです!

いただいた本のご紹介
「火魅子炎戦記 9」(著:舞阪洸先生 画:ゆきやなぎ先生 富士見ファンタジア文庫より発売中)
「水色スプラッシュ」(原作:舞阪洸先生 作画:紫☆にゃ〜先生 角川コミックスドラゴンJr. 富士見書房発行・角川パブリッシンググループより発売中)
2冊舞阪先生よリちょうだいしました。いつもいつもどうもありがとうございます、お仕事速っっですぅぅぅ。

「水色」の主人公京橋くんのゆるさと素直さと優しさに惚れてしまいましたぜ、はは。自然な素直さで好感の持てる男子、ってこのごろ狙ってキャラのかっこよさを描こうと努めてる私には、新鮮でした。

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania