風の鳴る音
過去の近況報告
2017 年 11 月 (4)
2017 年 10 月 (4)
2017 年 09 月 (4)
2017 年 08 月 (4)
2017 年 07 月 (5)
2017 年 06 月 (4)
2017 年 05 月 (1)
2017 年 04 月 (3)
2017 年 03 月 (3)
2017 年 02 月 (5)
2017 年 01 月 (5)
2016 年 12 月 (5)
2016 年 11 月 (3)
2016 年 10 月 (2)
2016 年 09 月 (4)
2016 年 08 月 (5)
2016 年 07 月 (5)
2016 年 06 月 (4)
2016 年 05 月 (4)
2016 年 04 月 (4)
2016 年 03 月 (7)
2016 年 02 月 (6)
2016 年 01 月 (2)
2015 年 12 月 (4)
2015 年 11 月 (7)
2015 年 10 月 (3)
2015 年 09 月 (4)
2015 年 08 月 (3)
2015 年 07 月 (8)
2015 年 06 月 (6)
2015 年 05 月 (6)
2015 年 04 月 (4)
2015 年 03 月 (5)
2015 年 02 月 (5)
2015 年 01 月 (4)
2014 年 12 月 (7)
2014 年 11 月 (10)
2014 年 10 月 (11)
2014 年 09 月 (6)
2014 年 08 月 (7)
2014 年 07 月 (7)
2014 年 06 月 (4)
2014 年 05 月 (5)
2014 年 04 月 (6)
2014 年 03 月 (12)
2014 年 02 月 (11)
2014 年 01 月 (11)
2013 年 12 月 (8)
2013 年 11 月 (10)
2013 年 10 月 (5)
2013 年 09 月 (9)
2013 年 08 月 (5)
2013 年 07 月 (11)
2013 年 06 月 (8)
2013 年 05 月 (10)
2013 年 04 月 (9)
2013 年 03 月 (10)
2013 年 02 月 (9)
2013 年 01 月 (8)
2012 年 12 月 (12)
2012 年 11 月 (10)
2012 年 10 月 (9)
2012 年 09 月 (11)
2012 年 08 月 (8)
2012 年 07 月 (11)
2012 年 06 月 (10)
2012 年 05 月 (12)
2012 年 04 月 (11)
2012 年 03 月 (11)
2012 年 02 月 (8)
2012 年 01 月 (9)
2011 年 12 月 (10)
2011 年 11 月 (10)
2011 年 10 月 (9)
2011 年 09 月 (10)
2011 年 08 月 (9)
2011 年 07 月 (11)
2011 年 06 月 (8)
2011 年 05 月 (11)
2011 年 04 月 (11)
2011 年 03 月 (13)
2011 年 02 月 (10)
2011 年 01 月 (10)
2010 年 12 月 (11)
2010 年 11 月 (10)
2010 年 10 月 (10)
2010 年 09 月 (10)
2010 年 08 月 (9)
2010 年 07 月 (14)
2010 年 06 月 (12)
2010 年 05 月 (13)
2010 年 04 月 (15)
2010 年 03 月 (13)
2010 年 02 月 (12)
2010 年 01 月 (12)
2009 年 12 月 (15)
2009 年 11 月 (12)
2009 年 10 月 (14)
2009 年 09 月 (14)
2009 年 08 月 (13)
2009 年 07 月 (12)
2009 年 06 月 (13)
2009 年 05 月 (11)
2009 年 04 月 (11)
2009 年 03 月 (14)
2009 年 02 月 (12)
2009 年 01 月 (13)
2008 年 12 月 (13)
2008 年 11 月 (12)
2008 年 10 月 (13)
2008 年 09 月 (10)
2008 年 08 月 (10)
2008 年 07 月 (10)
2008 年 06 月 (9)
2008 年 05 月 (10)
2008 年 04 月 (11)
2008 年 03 月 (11)
2008 年 02 月 (11)
2008 年 01 月 (12)
2007 年 12 月 (11)
2007 年 11 月 (10)
2007 年 10 月 (11)
2007 年 09 月 (8)
2007 年 08 月 (10)
2007 年 07 月 (9)
2007 年 06 月 (9)
2007 年 05 月 (10)
2007 年 04 月 (10)
2007 年 03 月 (12)
2007 年 02 月 (9)
2007 年 01 月 (9)
2006 年 12 月 (11)
2006 年 11 月 (15)
2006 年 10 月 (10)
2006 年 09 月 (9)
2006 年 08 月 (11)
2006 年 07 月 (9)
2006 年 06 月 (11)
2006 年 05 月 (7)
2006 年 04 月 (8)
2006 年 03 月 (6)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (10)
2005 年 12 月 (10)
2005 年 11 月 (9)
2005 年 10 月 (9)
2005 年 09 月 (12)
2005 年 08 月 (11)
2005 年 07 月 (10)
2005 年 06 月 (12)
2005 年 05 月 (13)
2005 年 04 月 (12)
2005 年 03 月 (17)
2005 年 02 月 (13)
2005 年 01 月 (15)


カレンダー

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
記事内検索

2005/07/31(Sun) 20:44:16

7月31日
一節切のレプリカの演奏を聴きにいってきました。
素朴でシンプル、雅楽と同じ音階で、1オクターブしか音のでない古楽器です。
風の音、と言われるとおり、南米民俗音楽のケーナと、尺八の高音の中間みたいなイメージです。
アンデスの風のケーナほど乾いてはなくて音が湿っているけれど、尺八のようなしっとりと艶や野太さがあるわけではない。かろく駆ける少年の音ですね。
今回のレプリカは、私が颯音にもたせる笛として、一番イメージに近かった後北条氏(青さまのイメージにも重なる)所有とされた一節切からの復元だったので、色といい形といい、まさに「わあ颯音の笛だー」ってかんじ(笑)
で……曲の由来がやっぱしBLっぽかったらしいことはすごく秘密です(笑)

 

2005/07/28(Thu) 10:19:38

7月28日
本日当サイトは30000HITいたしました。ご愛顧に感謝いたします。どうもありがとうございました。

このごろペンだこというものが消えました。イラスト描いていた頃は右手の中指にあったのに。
今はかわりに、マウスだこができています。右手首の小指側。

更新が滞りがちで本当にすみません。

 

2005/07/27(Wed) 22:19:00

7月27日
雅楽の演奏会を取材に行ってきました。笙、篳篥、琵琶……というあれです。
巫女さんの舞とか、舞楽とかもあって、はじめて生で見たので、とても堪能しました。それも間近で!
狩衣と風折烏帽子の鎌倉時代風衣裳もステキでした。

 

2005/07/22(Fri) 15:12:24

7月22日
ttp://shop.kodansha.jp/bc/aoitori/index1.html
こちらは講談社青い鳥文庫のホームページのURLです。
青い鳥文庫を小学生の頃にお読みになった方もおいでだと思います。

ただいまこちらには「黒魔女さんの教室を作ろう」というコーナーがあります。
作者の石崎洋司(ひろし)先生に、普段お世話になっておりますので、ご紹介。
つまり、主人公のクラスメートキャラを考えてくださいという企画です。

考えたキャラが採用されますと、藤田香先生のステキなイラストでお話に登場するんです。
藤田先生は電撃文庫「悪魔のミカタ」シリーズ(著:うえお久光先生)でおなじみです。
ご興味のございます方は、ぜひどうぞ。

数多い石崎先生のご著書からは「チェーン・メール」をおすすめいたします。
講談社YA!エンターテインメントより刊行。

 

2005/07/21(Thu) 09:49:39

7月21日
夏ばてで体調を崩し、倒れていました。ご心配おかけいたしました。お詫びします。
メッセージのお返事が遅くなって失礼しました。
愛用のジーンズがゆるゆるになってしまいました。こういう痩せ方は、あんまりうれしくないですね(苦笑)

リンクに電撃文庫「キーリ」シリーズの作者壁井ユカコ先生のサイトを追加しました。このシリーズのイラストは田上俊介先生です。
時海個人的にオススメのシリーズです!
ずっと1ファンでしたが、偶然のご縁がありまして。偶然って素晴らしいですね(笑)

 

2005/07/14(Thu) 15:12:49

7月14日
…………暑い…………。
ナツバテギミナノデ、サクサクイキマス。

いただいた本のご紹介です。
「神洲天魔鏡5」(著:舞阪洸先生 画:兼処敬士先生 富士見ファンタジア文庫より今月20日発売)
著者の舞阪先生から頂戴いたしました。
このシリーズ、女装美少年でひとくせある「なっくん」こと夏比古が好きです。ええもう、ほんとに鰻みたいにつかみどころない性格がよい。

「おれとカノジョの微妙Days」(著:令丈ヒロ子先生 画:おおたうに先生 ポプラ社より今月中旬発売)
著者の令丈先生から頂戴いたしました。
女装せざるを得なくなった美少年のなぎさくん、なかなか楽しく笑えるお話です。
この夏のオススメ快感は、やっぱり美少年の女装ということで(笑)

ともあれ令丈先生のティーンズ向けのご本は、ひとくせある美少年が魅力ですよね。「まんがv好きです!」(画:岡本正樹先生 JIVEカラフル文庫)に、「ホンマに運命?」シリーズ(画:目白花子先生 講談社YA!エンターテインメント)に。

そろそろシーズンなので、夏休みの感想文の宿題対策に一冊。美少年の女装萌えなところでは「えんの松原」(著:伊藤遊先生 画:太田大八先生 福音館書店)の音羽かな? <平安好きな方、どうぞ。

 

2005/07/10(Sun) 14:54:57

7月10日
博物館まで「一節切」を見に行ってきました。「秋声」(しゅうせい)という名前の笛です。
これは28日まで見ることができます。29日から来月11日までは、「乃可勢」(野風・のかぜ)という織田信長が最初の持ち主だったという、立派な「一節切」を見られます。

しかもなんと、31日の午後2:30からは、復元した笛を演奏家の方が奏でてくださいます!
戦国時代の曲だそうです。
風の中でひとり男が奏でた悲しい恋慕の曲を。
相手の少年と別れ…………しょうねん???
貸してもらった解説書を読んでいて、私は思わず、ラスボスの某さまを、増田先生のイラストで思い浮かべてしまったのは、誰にも秘密です(笑)
ということで、BLっぽい曲(?)らしいですが、お近くの方はぜひ。

リンクに、富士見ミステリー文庫今月の新刊「ハイブリッド・ソウル」の著者松田朱夏先生のサイトを追加しました。(このご本のイラストは睦月そあ先生です)
「未完の月」(角川書店・画飯田晴子先生)という漫画の原作者の方でもあります。

 

2005/07/09(Sat) 20:55:05

7月9日
すこしパソコンに問題が発生しまして、更新が上手くできない状態が続きました。
このサイトをプログラミングしてくださった方に相談して、解決していただきました。
直してくださって、本当にありがとうございました。(私信)

メッセージへのお返事が送れてしまい、すみませんでした。
本日中にお返事UPします。

本日までのりめジェネフェアの協賛告知を、少し早いですがここで削除します。
新井先生、風見先生、師走先生によれますと、なかなか盛況だそうですよ。

ああ、ビーンズエース創刊号(ビーンズ文庫とスニーカー文庫の漫画・角川書店から発売中)が読みたい、目の前にある。
でもまだ読めない、お仕事しないと…………。
本日発売ミステリー文庫の新刊も。



 

2005/07/06(Wed) 14:41:51

7月6日
さっき保健所主催基本健康診断に行ってきました。
一か月ほど寝不足で3年ほど超運動不足な小説書きに全く向いてない定期イベントです。
また体重が増え気味なのは自覚しているからいいとして(よくないけど)、血圧が……。
炎天下200mも歩いて地区集会所(健康診断の会場)なんか行くから。脳貧血起こすかと思った。血圧高いよりはいいです。
問診票に毎年「肩こりがひどい」と書いている気がします。
設問「去年の診断結果(ちなみに、「もっと運動しましょう」)を健康増進に活かしましたか」では、もちろん「いいえ」に○!!(こらこら)

「オタク検定試験」ってのがあるんですね。本当です、ネタじゃありません。
自分で受ける気はないけど、なんとなく受けた人を取材してみたいです(笑)
玉響三の原稿がほぼ書けました。(ってこれが最重要報告ぢゃん☆)
ざっとチェックしてから、編集部へ送りまっす!

 

2005/07/03(Sun) 14:57:07

7月3日
七夕飾りをしました。竹を林から取ってきて。
しかし、商売繁盛の短冊ばかり下がっているこれはいったい(^^;)
季節ものの飾りつけをするのが、好きです。

知人が「いま、会いにいきます」のDVDを買ったから、貸してやるよ、と言ってくれました。
家族でエキストラに参加したそうです。
ロケ地が、私のよく知っている場所ばかりです。ケーキ屋さんでは、たまにケーキ買ってます。映画のは本店でのロケですが、私は支店利用。
うちの辺は、ほんとにすぐ森や林の中なんですよ。白樺がきれいです。今も窓の外で鳥が啼いてます。ムシクイの声かな?

原稿が一段落したら、林で撮影した花の写真を、へたくそですが、このサイトにUPたいと思っています。
DVDも見るぞー(面白かったら買うかもしれません)

 

(C)2005 Yui Tokiumi all rights reserved

PHPウェブログシステム FLEUGELzNetmania