風の鳴る音
既刊情報
制作秘話93
かぐや姫の罪と罰
制作秘話92
竹取物語ネタばれ
制作秘話91
一番大事なこと
制作秘話90
小説家へのルート
制作秘話89
読みやすい小説を書くには
制作秘話88
平氏は本当に滅びたのか(ネタバレ)
制作秘話87
平家物語の名前
制作秘話86
「細かい」仕事
制作秘話85
意外な上達のコツ?
制作秘話84
物語創作最大の難関
過去の制作秘話一覧
中高生むけの作品

既刊の案内と情報はこちら

 

制作秘話 54

《其の五十四》

資料と取材について触れてみたいと思います。

ひとつの作品を書くためには、私の場合すくなくとも数冊の資料本が必要になります。一冊も要らない、ということはないですね。

専門用語事典あるいは専門知識の事典。その道のプロのかたが書かれた本やインタビュー集。図版・写真資料。

まず図書館で探します。それで見つかればよし、なければオンライン書店で検索です。これだ、という本を売っていれば買います。
図書館で見つけた本なら、買った方がいいか(現在でも買える本なのかはオンライン書店で調べる)、何ページかコピーするなり、書き写すなりすれば済むか、判断します。
文章なら手書きでノートを取った方が自分の頭に入りますが、図版や写真はコピーするしかないので。

コピーは\100ショップで買ったクリアファイルに整理します。
図書館の法律で、著作権があるので本の半分以下までしかコピーできません、たしか。
これぞという資料買うときのために、がんばって某オンライン書店のポイントをためてます(笑)

今は貧乏なので、片っ端から買えるお金と広大な書庫がいつの日か欲しいものですね。


インターネットで探すというのは今のところあまりやってません。
これは私のやりかたであって、他の作家さんはまた異なると思うのですが。
パズル雑誌の仕事を長年やってますので、私はそういう習慣になりました。

パズル雑誌で以前示されたガイドラインですけれど。パズルのネタをネットから拾うと、読者さんからご質問を受けた際「参考資料にはこう書かれてました」とURLを示したら削除されていた、ということがあり得るんですね。
キャッシュはどこかの検索サイトにあるかもですが、ないかもしれない。

参考資料が本だと、書店で手に入るISBNの附されたものならば、国会図書館にはきっとあるはずですから、どこにもない、ということはなく証拠にできます。

本が充分手元にあった上で、編集さんやイラストレータさんとやりとりするとき、すぐに判る情報源として、同様の内容を持つウェブサイトをメールにリンク貼ってお送りすることはよくあります。


資料は本だけではありません。
イメージを高めるための映画やアニメやドキュメントのDVD、テレビ番組。
ゲームがネタならゲームだってやりこみます。音楽ものならCD買いこんだり配信DLしまくったり。

関連アイテム集めも好きです。気持ちを高めるために、作中のアイテムに似たものを手に入れます。
常に目に入るそばに置いたり身につけて原稿書いていたりしますよ。薫物がわりのアロマ焚いたりとか緑の勾玉&ナギの葉とか(笑)


しかし百聞は一見にしかず。取材に出ることは、取材源が見つかる限りやっています。

アイテム・ガジェットの実物に触れる、というのはなるべくやっておきたいところです。たとえたった数行しか本文に登場しないにしても。
たとえば、笹百合の咲く谷は見にいってよかったと思うもののひとつでした。自分で車運転して2時間近くかかりましたけど。

弓道体験とか、練香体験や雅楽鑑賞とか、平安装束を着て牛車に乗るとか、これから出る本でも現在いろんなことやってみてます。


あまり得意ではないのですが、その道のプロのかたにお話を伺う、というのもできればやってます。

まずよく資料を読んで、質問事項をまとめて、取材の主旨をきちんと伝えて、ご挨拶とお礼は丁寧に、ご希望をうかがった上でできた本はお送りする、という心がけをしてます。
でも知らないかたと話すのが苦手なんですよね、なんか挙動不審になってしまう……(苦笑)

原則、先方からの依頼でない限り、自分で思いつくネタだと、自分が全く未経験なことは選ばないですね。
あ、バトルというか武術は別にして。あれは見るばっかりだなあ。
なので取材・資料のあてのある範囲で今のところやってます。デビュー前に行った旅行のアルバムがこんなに役立つとは(笑)


あと、おまけ。現代もので架空の地名や団体名個人名をつけるときは、ネットで検索かけてます。「該当がありません」が出ればOK。
もしも実在したら、名前を変更しないと。

実際、舞台となる市の名前が平成の大合併で実在しするようになり、ゲラで直すはめになって、手持ちの地図が古かったことを反省した経験があります。

ファンタジーならラノベやゲームやマンガの主要キャラとネーミングがかぶらないかを検索します。完全にどれともかぶらない、は難しいでしょうけど。

(C)2005-2017 Yui Tokiumi all rights reserved