風の鳴る音
既刊情報
制作秘話93
かぐや姫の罪と罰
制作秘話92
竹取物語ネタばれ
制作秘話91
一番大事なこと
制作秘話90
小説家へのルート
制作秘話89
読みやすい小説を書くには
制作秘話88
平氏は本当に滅びたのか(ネタバレ)
制作秘話87
平家物語の名前
制作秘話86
「細かい」仕事
制作秘話85
意外な上達のコツ?
制作秘話84
物語創作最大の難関
過去の制作秘話一覧
中高生むけの作品

既刊の案内と情報はこちら

 

制作秘話 28

《其の二十八》

書店さんで欲しい本が見つからなかったら。

というお話です。
お手紙で多いのが、「○巻はあったけれど、*巻がないから、あちこち回って探しています。見つかったら、またお手紙書きます」という言葉。

申し訳ないのですが、それは、見つからない確率の方が高いです。
私の場合は、自著がそんなに売れていない(汗)というのもありますが、本の流通は、他の商品と少しちがいます。
私も書店営業とかの専門家ではないのですが、この業界に入って、いろいろと聞き憶えたことをお話ししましょう。
より多くの本を、皆さんが、速く確実に買いやすくなっていただくために。

まず、ライトノベルですが、発売日にたくさん入荷して並ぶ書店と、そうでない書店があることには、お気づきかもしれません。
全部の書店さんへ発売日に並ばず、集中的に「この書店さんへ行けば、発売日にかならず買える」ように工夫されているそうです。

なので発売日を知ったら、その書店さんで、店員さんに予約して下さい。タイトルと巻数、作者、出版社、発売日がわかれば大丈夫です。
ただし、予約した本は、確実に買わないと、書店さんを困らせてしまうかもしれないので、予約はあちこちでいくつもしないで、一カ所だけに決めた方がいいと思います。
発売日に並ばない他の書店さんでも、多めにライトノベルがおいてあれば、予約や注文は大丈夫です。ちょっと遅くなるかもしれませんが。

児童書の文庫は、ライトノベルよりは多めの書店に入荷します。少しずつ分けて広く行き渡るような売り方です。
なので、おなじレーベルのおいてある書店で予約・注文すれば、手にはいると思います。
しばらくは、時海は文庫でお仕事をしていますので、拙著をご希望でしたら、これで大丈夫でしょう。

新刊ではなく、前の巻がほしいときも、同じように書店さんへ注文しましょう。
この注文が、とても大切です。
オンラインでも買えますが、注文や予約で確実に買えそうで、すごく急いでいない本なら、町の書店さんの売り上げのために、店員さんに頼んで下さい。

本は、書店さんに置ききれないほど、たくさん発行されています。
書店さんは、その本のうち売れただけのお金を出版社からうけとり、売れなければ、返品しています。返品された本は、注文のあった本屋さんへまた回されるのです。
こうして、必要な人に本が届きます。なので、いくら黙って待っていても、注文のないちょっと前に出た本は、二度とその書店さんに届かないことがよくあります。

なので「この本が欲しいんです」と注文して、どこか遠くの別の本屋さんで売れなかった本を、回してもらうようにしましょう。
黙って探していても、「この本が欲しいんです」は、書店さんに伝わりません。  
回ってくるときは、いったん出版社の倉庫を通ってカバーを取り替えて、きれいになってくるから、安心です。

これでもし、「売り切れだそうです」と書店さんが調べていうとき。
大きなオンライン書店だと、独自に倉庫へ在庫を残しているときがあります。
なので、オンラインで探して下さい。もしかしたら、まだそちらには、あるかもしれません。 
それでも見つからなかったら、そのときこそ古書店をご利用下さると、作家としては大変うれしいのです。読んでいただける方が、あきらめられるよりは、という意味で。

最初から古書店や図書館で手に入れてお読みになっていらっしゃる方、大変うれしいのですが、書いた作家には、お金がもう入りません。
もしも、とても面白いと思ったら、続きの新刊は、発売日に、普通の本屋さんで買ってくださると、感謝感激いたします。作家と書店さんは、本の売り上げでご飯を食べております。
お値段にあうよう一生懸命書こうと、肝に命じておりますから。
本は値段が保護された商品です。文化の保護という側面があるからです。この国の決まりでは、安売り競争で買う品ではないシステムになっているようです。
なにとぞ、皆さまのご理解とご協力を、心から、よろしくお願い申しあげます。

(C)2005-2017 Yui Tokiumi all rights reserved