風の鳴る音
既刊情報
制作秘話93
かぐや姫の罪と罰
制作秘話92
竹取物語ネタばれ
制作秘話91
一番大事なこと
制作秘話90
小説家へのルート
制作秘話89
読みやすい小説を書くには
制作秘話88
平氏は本当に滅びたのか(ネタバレ)
制作秘話87
平家物語の名前
制作秘話86
「細かい」仕事
制作秘話85
意外な上達のコツ?
制作秘話84
物語創作最大の難関
過去の制作秘話一覧
中高生むけの作品

既刊の案内と情報はこちら

 

制作秘話 23

《其の二十三》

ファンレターでよくある質問・業多姫のその後編

この前「よくある質問」を書いてから、そろそろ1年。
今でもずいぶんいただく質問があります。
業多姫のキャラたちの、ラストシーンからその後についての質問です。

六之帖のあとがきに書いたように私は、皆さまがご自由に想像していただけたらと思っています。ですが、作者の責任として、一定のまとまった解答が欲しい、という方も少なからずおいでと判りました。なので、時海が創作メモにまとめたものをご紹介します。
ファンレターやメッセージで質問なさった方には、ほぼ同内容のお返事がされていて、またメッセージのお返事の一部を転載しています。


警告:まだ業多姫シリーズを最後まで未読の方、自分で想像したいとおっしゃる方には、この先立ち入り危険ゾーンです。




*サオトと鳴は最終的に何人の子供を産んだのですか?

「颯音と鳴の子どもの数」は六之帖で一番多かった質問でした。
時海的には四男三女、ラストシーンで笛を吹いていた子が末っ子で、一番颯音=和玖也に似ている、あのシーンは20年後で、子どもたちと犬の名前は皆さまがご自由に考えてください。これが公式回答です。

この解答は、旧サイトのBBSにも、このサイトのメッセージにも書いたので、ここでは少しだけ初公開の秘話を。
最初、業多姫を応募しようと思ったとき、戸谷ノ庄での二人については、イメージとしての創作メモを作りました。
庄へ着いた二人が歓迎の宴の後、結ばれるという設定で、身重になった鳴を残して、颯音は過去の清算の旅に出る、出産予定の春には戻ると約束して、というかんじです。

いざ本当に受賞作の続編を書くことになって、「どう考えてます?」とK美さまに尋ねられ、このメモの内容くらいしか考えてない、と答えたら、即座に没になりました(笑)

ええと、鳴がおふろで颯音とのこれまでを回想するシーンは、すでにメモにありました。二人が結婚するつもりだと聞いた庄の人たちが、結婚式も兼ねてお祝いしようと、鳴に借り物の打ち掛けを用意してくれたので、お風呂にはいるのです。
そのあと、彼女の村娘姿と戦闘服? の袴姿しか知らない颯音が、借り物の古い打ち掛けに感心して「きれいだ」とほめるシーンとか。
でも、それはお姫さまだった鳴には、もう着ないような古くていたんだもので、それでも彼がそう言うのがうれしい、とか。……今、書いてて妙に恥ずかしい……。

「鳴に手を出さない颯音」という設定にしますと言ったものの、理由付けできません。
というか、手を出せないならそれはそれで通せる理由が、実は用意してあったのです。それを少年系レーベルの応募作で出してしまっていいのか……悩んでいったん没にした理由が。
そう、彼の過去です。美形だったために、青津野のお稚児さんとしても拾われたという801設定。

しかし、こっちはおそるおそる切り出したら、なんと没になりませんでした。ストレートにはだめですが、そんなニュアンスを含めた大きい範囲での「自分は手を汚し、身も穢れているという純真な少年の思いこみとトラウマ」を軸にすえましょう、と。
ストーリーの構築の奥深さを、このとき、私はK美さまに教えられました(笑) 
そうして、細かい部分を自分で作り始めたら、すんなりと世界が開けていったのです。

けっきょく二人が初めて結ばれたのは、戸谷の自宅へ戻って、歓迎の宴を終えた夜です。「歓迎の宴の夜」というのは、外せないな、やっぱり。
二人の結婚式を兼ねた宴が(^^)


*二人は戸谷で何をして暮らしたのですか?

銀という大変優秀なお殿さまがいたので、とても平和でした……何してたんだろ、警備係の「鼠」たちは?(笑)

颯音パパが家事と育児をしていたのは確かです(笑) パパがお仕事の時は犬射原殿や香椎が孫のように育てたんですよ(笑)
あと、彼は器用さを活かして、職人街でデザイナーをしていた気がします。染織刺繍の。

鳴ママは読み書きを教えたんじゃないかなぁ。
そして、二人で、護身術の教室もやってました。ときどきは銀のお城に出張して教えるんですよ、家来に。ということでいかが?(笑)

最後は大勢の孫たちに囲まれて老後を過ごし、そんなに間を空けずに亡くなったのではと想像します。どっちかのお通夜のとき、もう一人が「しばらくふたりきりに」と希望して、なかなか戻ってこないので子どもたちが様子を見に行くと、もう一人が手を握って寄り添ったまま、自然に事切れていた、というかんじ。

だから森の中の「連理の枝の樹」のお墓へ一緒に埋葬したのでした、と「業多姫伝説」が締めくくられて、後世に伝わっているのでね。
「業多姫伝説」とは、いろどりつづりの第一話「撫子色の約束」がどらごんマガジンへ掲載されたとき、K美さまがつけてくださったリード(タイトル下の見出しの文)の中の単語です。

余談ながら、犬射原殿と香椎は、仲良くなったような気がしますよ? 


*銀と早霧は結婚したのですか?

無事にくっついたのではないか、と予想してます。数年後に早霧は、きっと素晴らしい大人の女性になったのではないでしょうか。
そして、お城の一角で許してくれた両親と共に開業医を始め、「歴史に残る、働く奥方さま」になったのです!

(C)2005-2017 Yui Tokiumi all rights reserved