風の鳴る音
既刊情報
制作秘話93
かぐや姫の罪と罰
制作秘話92
竹取物語ネタばれ
制作秘話91
一番大事なこと
制作秘話90
小説家へのルート
制作秘話89
読みやすい小説を書くには
制作秘話88
平氏は本当に滅びたのか(ネタバレ)
制作秘話87
平家物語の名前
制作秘話86
「細かい」仕事
制作秘話85
意外な上達のコツ?
制作秘話84
物語創作最大の難関
過去の制作秘話一覧
中高生むけの作品

既刊の案内と情報はこちら

 

制作秘話 17

《其の十七》

久しぶりの制作秘話ですね。
お待たせいたしました。

玉響のネタばれです。

玉響(たまゆら)は辞書にも載っている言葉なので、作品のタイトルとしては、漢字・ひらがなとも割とよく見かけます。
ためしにオンライン書店で書名検索をしたら、この本を含めて20件ヒットしました。

富士見書房全体の会議の時、ミステリー文庫編集部の隣のブースにある「俳句研究」という俳句の雑誌の編集部からも、やはり句集に「玉響」とタイトルをつけるとの報告があったそうです。
担当のK美さまから伺いました。

時海としましては、なるべく意味に沿った、意味を効果的に使う内容にしたいなと考えています。
業多姫で「刹那」という仏教用語をくり返し使ったのですが、意味はよく似ています。「瞬間」「一瞬」という。
「生々流転」とか「無常」という仏教用語もあって、「永久」「永遠」と対極を成すのですが、それが日本人の感性というか。
仏教以前からあった日本人の感性。

ただし、一方向・一直線ではなく、「輪廻」「流転」、つまり変化がぐるりとくり返して、元に戻って再生する、という感覚ですね。
再生が永遠にくり返されるのを望む。
朝の来ない夜はない、春の来ない冬はない、という希望でしょうか。
業多姫でもすこし触れましたけれど。

なので業多姫の「業」と同じく、玉響では「わ」という言葉がくり返されます。
「和」と、「環」と。
日本の古代の呼び名は「倭」(わ)であり、大和朝廷は「やまと」の言葉が「山門」に由来するらしいのに「大きな和」と当て字しました。
日本最初の憲法を制定した聖徳太子は、一番めの条項を「和をもって貴しとなす」としました。
(余談、とうとしではなく、たっとしと読むのがより正しいみたいですが、皆さまの学校ではいかがですか?)

「わ」というのは円形の輪郭であり、じつは「集落・コミュニティ」を表す古い古い日本語なのですね。
縄文時代の集落は、真ん中に丸い広場を置いて、その周囲を家が取り囲みます。広場、といっても、墓地です。
たぶん、それよりさらに以前の長い長い原初の時代、氷河期の寒さの中、たき火を家族でぐるりと囲んだ、その「わ」から発展したのでしょうか。

卑弥呼の遣いが大陸へ渡り、係官から「どこに住んでいる?」と質問されて「わ」と答えた。
なので集落という意味の「わ」が日本というか、日本人……当時の大陸の人々の常識で、東海上の列島の西半分くらいに暮らす人を指す言葉になったと、ある学説は言います。


なんだか難しくなってきそうなのでこのくらいにして、次は「蛇の剣」についてです。なお、「けん」ではなく、「つるぎ」と読んでください、物語本文でも。お願いします。

イメタテが持ち主である「蛇の剣」こと「ミツチノツルギ」には、実在のモデルがあります。
考古学用語で「蛇行剣」(だこうけん)と呼ばれています。業多姫六之帖の第一章で「舟の塚」と鳴が呼んでいた、「先祖の古墳」のモデルにした地元の古墳から出土しました。
「ミツチ」は「みずち」と同じです。「みずち」は水属性で蛇とサンショウウオの中間みたいな水の神、バトルで経験値積んで進化すると激流や嵐の神となって天へ昇る……見かけは龍と変わらない……です。他にもいろいろ説はありますか。
ちなみに地の神で毒蛇なのは「おろち」です。

縄文時代の土器で、蛇のレリーフがついているものがあります。
冬眠から覚め、脱皮する蛇は「再生の象徴」だったのでしょう。
そして、男性の象徴です。すみません、いきなり話が下の方向で(笑)。
鎌首を高くもたげる蛇。
蛇の産卵や冬眠は、地の割れ目に潜って行われます。
地は次の命を産み出し芽吹かせる場所ですから、そこへ潜る蛇は(以下自主規制)。

まあ、そんなわけで(どんなわけだ・笑)、蛇は世界各国の神話や伝説でシンボリックに使われます。
エデンの園でイブを誘惑したのが蛇だというように。
蛇から発展したよりシンボル性の高いのが、東洋の龍です。
また、硬くて長くて突き立てるものも男性のシンボルとされて、力や生命力の象徴になります。
剣・矢・矛、そして柱ですね。大地に穴掘って立てる、掘っ立て柱。

イメタテが女性に触れてはいけない「少年限定」の縛りからはなれたとき、剣に選ばれ目覚めたわけで、力を正しく行使するために、対になるパートナーの女性を探す運命を与えられたのです。

まあ、伝説・ファンタジーの多くで、剣を持った若い男が旅をして、恋をして、その恋に絡んで怪物やっつけて、という成長過程が描かれます。
それは、ある時期の少年のどうしようもない体の衝動(で、判りますよね?)を本能のままに解き放つのは、ルールの出来てきた社会生活の中ではなかなか難しくなっているとか、野生動物なら当然行う雌の取り合いの闘いに替わってとか、まあそんな認識を種族で共有するための代替手段なんでしょうね。
次の世代を作り、種族を維持するのに必要な本能的行動の、理性によるコントロール手段というのかな。
ファンタジーの物語を少年が聞かされる、憧れる、というのは。

あと、「世の中を見てくる」経験というのも必要ですね。
男性が将来、妻子とコミュニティを守るためには、経験値・知識が多い方がいい。
そのためにも、剣を携え、まだ見ぬ理想の恋人と、経験値を上げるバトルを求めて、少年は旅立つわけです(笑)。
それは現代、パソコンやテレビの中でゲームになっていても、全く本質は替わらないのです。

次回は「玉」と「花」と「鈴」と「風」、そう、マユラについてです。



(C)2005-2017 Yui Tokiumi all rights reserved