風の鳴る音

トップ

メッセージフォーム

ネタばれなし

ネタばれあり

『陰月のヤジリ』感想 

[ 水瀬あきらさん : 2009/2/11 ]

 こんにちは! 初めまして。水瀬あきらと申す者です!!
『陰月のヤジリ』読ませていただきました! 僕は時海先生の作品は初めてだったのですが、とても楽しかったです!!「古代神話ロマン」というジャンル自体も初体験でしたが、独特の雰囲気が出ていて、良かったです♪

 僕が気に入ったキャラは、ユツキとサナです! 二人のラブラブっぷりには照れました(笑)v 三十路近い男が読むには、少々照れ臭い感じで……(苦笑)vv でも、最初はツンツンしていたサナが、徐々に心を開いてゆく過程の描写とか、とても素敵で!! 読んでて引き込まれましたね!!

 あと、ユツキは可愛くてメロメロになってしまいましたv 終盤では凛々しい感じになってましたが、僕的には序盤のお兄ちゃんに甘えちゃう所とか、おびえて泣いちゃう所とか、ショタ萌え属性のある僕は、そういう点でも大満足でした(笑)vv

 それでは、この辺で失礼します。まだまだ寒い日が続きますが、お身体には気を付けて、執筆のお仕事、頑張って下さいね!!

[ 時海結以 ]

初めまして。
ようこそいらっしゃいました。
お読みいただきまして、まことにありがたく、感謝申し上げます。

うれしいご感想を、本当にどうもありがとうございます!!
ラノベとしては異色作ではと思う上に読み切りでしたので、喜んでいただけて、私も心からうれしいです。

ユツキ、弟萌えのショタ属性の当方としては(笑)、書きたいように書いたキャラです。
兄貴の苦労を考えているようで実は本当には判っていない、それを兄貴は受け容れている。
その自由さが、弟の魅力だと思うんですよね。

サナは選ばれし存在というプライドにすがって自分を支えている、そんなイメージが当初ありまして。
それが恋する少女らしく変わってゆくのが書きたかったんです。

最近は私、ノベライズを経て、ジャンル広げつつ児童書メインで書いていまして、ラノベも女子レーベルに移動したかんじですが、もしもよろしければまた、新作を(古書店にしかないでしょうが旧作も)お手に取っていただけましたら、この上なく幸いに存じます。

一覧へ戻る

(C)2005-2017 Yui Tokiumi all rights reserved