風の鳴る音

トップ

メッセージフォーム

ネタばれなし

ネタばれあり

玉響三を読みました!

[ 若葉さん : 2005/10/3 ]

こんばんわ、若葉です。玉響三を読んでみると私が中学生のときに読んだ「漫画版・日本書紀」に出てくる様々な恋物語…のイメージがしました。そこから「おそらく時海先生は『古事記』や『日本書紀』など文献を何度も読み返し、それらの雰囲気を玉響に持ってきたのかな…」と思いました。

玉響三で特に印象に残ったのは…やはり「ヒナクモの奥さん」です。というのも「玉響三でヒナクモの奥さんが登場します…」と書かれていたので、「ヒナクモの奥さんは同い年か、年上の大人の女性」と思い込んでいたのに…まさか…ああいう女性とは思いませんでした。見た瞬間「やられました。反則です。何かの間違いでは…」と強過ぎる印象が残りました。そのためマユラやイタメテらの影が薄くなってしまいました…。
これにハニカの「あごが外れた」表情のイラストがあったら…夢までヒナクモの奥さんが登場していたと思います。(できればそのハニカの表情を見たかったですけど。)

玉響三のあとがきをを見るとお仕事が増えてきているそうですが、お身体に気をつけて頑張ってください。

[ 時海結以 ]

こんばんは〜☆
お読みいただきまして、まことにありがとうございました。
読者の予想の上を行くサプライズを用意するのが、作家の使命だと、あるミステリー人気作家の方がおっしゃっていたそうです。
しかしまぁ、いったい何があったんでしょうね、あの結婚というか、実質まだ婚約みたいですが(笑) 
書いていて、あまりにも「彼女」がぺらぺらと、設定外のことを勝手にしゃべりだすから、「私がまず知りたいYO!」とかマジで思っちゃいました。

お仕事は、おかげさまで、いっぱいです。ただいくつも同時進行のために、なかなか……来年になったら、一気に公表できる日が来ると思います。今しているお仕事が全部本になれば、年間刊行点数は今までの年よりもさらに多くなるはずなのですが。

一覧へ戻る

(C)2005-2017 Yui Tokiumi all rights reserved