風の鳴る音

トップ

メッセージフォーム

ネタばれなし

ネタばれあり

移動して来ました(^ ^)

[ 愛さん : 2005/12/27 ]

(ネタハ゛レ部屋から)移動してきましたぁ!! 
ハ゛ラすものが尽きてしまったのと(ぉぃ)先生自身について伺いたいなあと思ったからです。
先生は物語を作られるとき、決めるのはキャラと話どちらが先ですか??やっぱりキャラですか? 
前どこかで(←適当ですねιι)「キャラが勝手に動いていうことを聞いてくれない」というようなものを見た気がするので。(鳴と颯音はどんなにけしかけても夫婦喧嘩しない、とかそのような…)
それではご回答待っておりますので!!!

[ 時海結以 ]

こんにちは☆

そうですね、作家さんによって、創作過程をどう捕らえているでも違うでしょうが、私はアイディアというか設定が一番先です。
それにぴったりなストーリーのパターンを組み合わせ、そのうえで必要なキャラを数えあげて配置します。
こういうアイディアこういう設定こういうテーマが書きたい、そのうえでストーリーとキャラを決める。

というのは、たぶん、オリジナリティの出しやすさが優先されるからですね。ストーリーは、実は30くらいしかパターンがないという説がありますし、キャラも一覧表からバイキング形式で選んでくる着せ替え人形みたいなイメージですから。
設定・モチーフはオリジナリティが大切になりますし、テーマは話を進める根幹です。

その上で、キャラを立てるわけです。組み合わせがぴたりとはまると、キャラは生き生きと動き出してくれます。
キャラが立つとは、ストーリー中のどんな状態でも、そのキャラの言動がそのキャラらしく個性的に安定してくることです。そうすると私が台詞考えて動かしてやろうとしなくても、自由に動くようになってくれます。
元気なキャラだと、用意したあらすじをはみ出して暴走してしまうこともありますね(笑) そうなると、この方が面白くなりそうだから、ゴールさえ正しければいいや、みたいになってしまうときもあります(^^;)

一覧へ戻る

(C)2005-2018 Yui Tokiumi all rights reserved