風の鳴る音

トップ

メッセージフォーム

ネタばれなし

ネタばれあり

業多姫二之帖借りました!

[ Harvard さん : 2012/2/29 ]

 早速借りてきました!
 壱之帖で完結したかなって思ったのですが、
この続きがあるのが少し疑問に思ったり(汗)
ミステリーだから、きっと何かあると思う私。

 颯音と鳴の淡い恋を成就させてもらいたい!
そんな気持ちで弐之帖を借りました。
読み終わりましたら、また感想書かせていただきますね!

 過分な叱咤激励のお返事ありがとうございます。私は、昔の大賞と今の大賞のレベルの高さが違うって思っています。
 かなりのハードルの高さに挫折する方や、何年もかけてようやく賞を取る方とかを裏話で聞きました。厳しい世界ですよね。真摯に受け止めています。

 でも、先生の書いたお話は素敵ですよ!
 だから、いっぱい褒めてしまうんです!
 だからこそ、この本を読んで、自分も頑張ろうと高い志を持てます!
 まだ、スタートラインに立ったばかりですが、『書きたい』気持ちを忘れずに頑張りたいと思います!
 では、弐之帖を読み終えた後で、感想書かせていただきます!
(もう、先生のファンなんでしょうね。きっと)

長文失礼しました。

[ 時海結以 ]

たいへんもうしわけありません、お気づきになるのをお待ちしていたのですが、まだお気づきになってらっしゃらないようですので。
他のかたがメッセージを送りにくくなってしまいますので、お一人でこの場所を占められるのは、そろそろいかがなものかと思うのです。

先ほどももうしましたが、私はお金をもらってご飯を食べるために、仕事として当たり前のことをやってているだけでして、何も特別な存在ではありませんし、褒めてもらっていい気になりたいわけではありません。
そういう言葉を私にかけようというお気持ちはたいへんうれしいのですが、これで、今後の分までまとめてお気持ちだけ受け取らせてくださいませんか。


>かなりのハードルの高さに挫折する方
そうならないように、がんばってくださいね。

>何年もかけてようやく賞を取る方
これはあくまで私の経験則ですが、そういうかたは少数派です。だから、珍しいので、体験談が世に出るのです。

デビューして作家を続けられる人は、そんなに手間かからなかった人の方が多い、むしろ初めて書いた第一作めで世に出たかたの方が、何年もかかって一次予選から一歩ずつ上ってきたかたより、私の周囲の仕事仲間のみなさんでは、多いです。
それがどういう意味か、ご自分のこれからと比べて、よくお考えくださることがもしもあれば幸甚に存じます。


ここまで私は充分、あなたあてに個人的なアドバイスをしたつもりですし、コミュニケーションもはかろうとしたと考えております。会話がうまく成立したかどうか、心許ないのですが。

どうかこの次は、受賞したときに、ご報告にいらっしゃってくださいませ。お待ちいたしております。

お手間も取らせてしまっておりますし、感想はもう充分いただいておりますので、ご遠慮させてください。
もう書いて世に出てしまった本を、いまさら褒められようが貶されようが、修正はできないものです。ご感想は読まれたかたが、ご自分のお心の中で育てていただけることこそ、一番だと思っております。
世に出た本はそうやって自由に育ってゆくものですから。

あしからずご了承ご寛恕いただけますと、大変幸いに存じます。

一覧へ戻る

(C)2005-2017 Yui Tokiumi all rights reserved