風の鳴る音

トップ

メッセージフォーム

ネタばれなし

ネタばれあり

2度目の訪問です^^

[ k:kさん : 2010/12/7 ]

お返事ぁりがとうござぃましたっっ↑↑
初めての返信が着てたのですごぃ 嬉しかったです><;;; 自分が楽しく 納得できるような小説・・・。アドバイスアリガトウございました
今書いている小説は超能力を持った女の子と
何のとりえもないそこらへんにふらふらしてそうな男の子のラブストーリーを書いています^^
素直になって書こうと思います^^
もっと文章力を高めて 友達にも見せられるような小説を書こうと思います☆

また 来ます^^

[ 時海結以 ]

こんばんは♪
またお越しいただいて、私もとってもうれしいですっ*^^*
小説を書くことを楽しんでくださるなら、私もハッピーな気分になります↑↑

このサイトの「中高生向けの作品」というコンテンツ(この画面上↑の文字クリック)で、「制作秘話」というコラムを書いてます。
もしもよろしければお時間のございますときにでも、(小説の書きかたについてのお話も気ままに綴ってますので、)過去ログからそれらしいタイトルをクリックして、読んでみてくださるともっとうれしいです。

私のデビューシリーズも超能力者が主人公でしたけれど、そのとき担当さんから言われたのは、「何でもできてしまわない、能力に制限をかける」でしたね。
神様みたいに何でもできてしまったら、苦労も何もしないわけで、事件が一瞬で解決しちゃってはらはらどきどきしなくてつまらないって。
力が足りなくて主人公ががんばる姿もなくなっては、読者さんが主人公を身近に感じられず、共感されないみたいなアドバイスでした。

ちょこっと思い出したので、書いてみました……失礼いたしました。

文章力、というよりも、キャラの心や魅力を伝えたり、場面やストーリーの流れの構成力のあるほうが、実は「うまい」と思わせるんだと、私は思います。
だから日本語文法だの表現に使う単語のよしあしだのにこだわるより、文字表現ではない映画やマンガでそこらを意識して見るのもいいんじゃないかなあ。
文章表現はシンプルでいいと思いますよ。っつーか、でないと私、小説家なんて言えないです、プロにしては日本語間違ってて直されちゃうばかりだし文章ヘタですから(笑)

こんな私でよろしければ、またいつでも遊びにおいでくださいねVv

一覧へ戻る

(C)2005-2017 Yui Tokiumi all rights reserved